福音はとどいていますか75

「裏切りは、日常的な人間関係の実態なのです。それに気付いて、相手を決め付けないことをせめても心掛けて生きたいものです」(藤木正三)1-99決め付けないこと

・ここでいう裏切りとは、相手を自分の好みや利害や感情に影響されて自己流に相手を見てしまう人間の性質をいいます。考えれば、人間は色眼鏡で他人を自分を見てしまうということです。そこで裏切られたと思ってしまった時に、ふと立ち止まって自分の落ち度を探してみたいものです。過剰に相手に対する思い入れはなかったのか。相手を本当によく見ていたのかと問い直してみたいものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑