人生の意味20

「盲人たちは、視覚を得たとき、それまで見過ごしていた物事を見るようになる」(アントニー・デ・メロ)1-414

Blind people come to see things that they missed when they had sight.

・聖書には盲人が癒されて視力が回復する奇跡が書かれている。たれプーさんは、これを比喩だと考えるが…。盲人とは、生まれてから神や自然の摂理が、人間の本性が分かっていない状態を指す。イエスにより、その真実が分かると物事の背後にある摂理が感じられるようになる。その意味で、人間は生まれたときから人間でなく、人間になるということがいえよう。


**ジーン・デ・ラ・ブリュイエール

人間の一生にできごとは三つしかない。
生まれ、生き、死ぬことである。
生まれたことは覚えておらず、死ぬときは苦しく、生きているあいだは生きていることを忘れている。

・生きているあいだは、生きていることを知らない…その神秘を知るために宗教はあるのかな
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑