スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brilliant Classics ドイツ3大B:作品全集8

CD54 Beethoven
『エロイカ』の主題による15の変奏曲とフーガ変ホ長調Op.35
 アルフレート・ブレンデル(p)

† べートーヴェンの数多いピアノ用変奏曲の中でも、 晩年の「ディアベリ変奏曲」と人気を二分している作品と説明にあった。わたしは全く知らなかったし、交響曲第3番から派生したかと思いや、この主題はプロメテウスの創造物からの転用のようだ。

‡ 変奏曲の肝は、いかに知られた主題を、どのように奇抜に変化させていくかということだろう。その点で、この曲は器楽曲が好きになれない人にも十分に楽しめるに違いない。以下、動画は鬼才グレン・グールド。


Glenn Gould - Beethoven 15 Variations and Fugue Op 35 (1/3)

《ドイツ3大B探究メモ》
「プロメテウスの創造物」の主題による15のヴァリエーションとフーガ 変ホ長調(エロイカヴァリエーション) Op.35
15 Variations (mit Fuge) - (Eroica Variation) , Op.35

1802年。前年にベートーヴェンが作曲したバレエ曲「プロメテウスの創造物」の主題を用いた変奏曲。同じ主題が交響曲第3番「英雄」の最終楽章にも用いられていることから「エロイカ変奏曲」とも呼ばれる。壮大な変奏曲で最後は堂々としたフーガになっている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。