人生の意味15

「闇は、燃え上がる炎を引きたてる。同じように、死についての黙想は、人生がはかないものであるにもかかわらず、愛すべきものだということを思い起こさせる」(アントニー・デ・メロ)1-414

Darkness shows the burning beauty of the flame. The thought of death reveals life's fragile loveliness.

・闇と光。死と生。同じ事象の2側面である。死について黙想する。はかない人生であるが愛すべきであると分かる。死を想うことは生を充実させることにつながる。



**ジェーン・アヌールス【Jane Anoulth】

人生は足にまとわりつく子ども。しっかりと握り締めた工具。夕方、腰をおろす庭のベンチ。

・正露丸のにおい
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑