歯ナシの話2

「思いきって現実を直視してみよう。そして、執着しているすべての物事にこう言おう。『これもまた、いずれは過ぎてゆくものだ』と」(アントニー・デ・メロ)1-412

Dare to face Reality and say of everything you cling to : "This too will pass away."

・すべては過ぎ去るという現実を直視したくないのが人間。お金・名誉・業績…さまざまな執着に取り囲まれています。健康・安心・将来…なんにでも人間は取りつくのです。


**歯科医にとって「歯を抜く」ことは、一番ラクな治療である。縄文人もやっていた。

・歯を残す治療…イイ先生を見つけなきゃ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑