福音はとどいていますか56

「理路整然と天のことを語る類いの言葉には注意しましょう。所詮それは神の働きを人間の思弁に閉じ込めただけのことで、魂には係わりありません」(藤木正三)1-79天のこと 地のこと

・宗教は人間の世界のこと、つまり地のことを語っていると藤木師は語ります。天地万物の源である神のことばは実は人間の世界のことで溢れています。また、天のことについてのことは正直分からないのです。死後の世界があるとかないとかで議論になりますが、分からないのと同じです。魂の救いは天にあるなどという話はデタラメでないしても人間の考え方に神を閉じ込めることになります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑