消火器投げ込み、防犯ビデオに犯行の様子…大阪・旭区

消火器投げ込み、防犯ビデオに犯行の様子…大阪・旭区
2010年4月28日 読売新聞大阪本社

 27日未明に大阪市旭区のプロテスタント系教会「日本基督教団森小路教会」に消火器が投げ込まれた事件で、現場近くの商店街の複数の防犯ビデオに、犯行の一部始終が映っていたことがわかった。商店街側は防犯ビデオを大阪府警に提出、府警は撮影された人物の特定を進めている。

 商店街関係者によると、防犯ビデオには、27日午前4時20分頃、ミニバイクを運転する不審な人物が、商店街を北から南へ通り抜けて教会前で止めた後、消火器のようなものを教会の玄関扉に投げつけ、周辺に消火剤とみられる煙が立ち上る様子が映っていたという。この人物は犯行後、再びバイクに乗り、商店街を北へ逃走。犯行時間は数分間だった。黒っぽいダウンジャケット姿でヘルメットをかぶっていたという。

 大阪、兵庫両府県など近畿各地では2008年秋以降、プロテスタント系教会施設を狙った同種の事件が50件以上相次いでおり、警察は器物損壊容疑などで関連を調べている。



・警察の捜査も進んでいる様子。今回犯行人物とされる男性とバイクが写った防犯カメラ映像が公開された。公開されていない防犯ビデオでは犯行の様子も記録されているという。車種は分かったし犯人の恰好も写し出された。ナンバーが解析できれば逮捕に結びつくだろう。とりわけ犯行の抑止効果が期待される。後は捜査に期待したい。


消火器投入犯か?防犯ビデオの男
2010年04月28日 MBSニュース

27日、大阪市旭区の教会に消火器が投げ込まれた事件で、教会近くの防犯カメラに犯人とみられる人物の姿が映っていたことがわかりました。

 この映像は27日午前4時ごろ大阪市旭区の防犯カメラに映っていたもので、バイクに乗った人物がスピードを出して路地を通り過ぎる姿が映っています。

 そのおよそ1時間半後、すぐ近くの「森小路教会」で玄関の扉に消火器が投げつけられているのを近所の住民が見つけました。

 近くの商店街に設置されていた別の防犯カメラには、犯行の様子も映っていたということです。

 プロテスタント系の教会に消火器が投げ込まれる事件はおととしから100件近く相次いでいて、警察はこの人物が事件に関わっている可能性もあるとみて特定を急いでいます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑