<サウジアラビア>テレビで「予言」 レバノン人男性死刑に

<サウジアラビア>テレビで「予言」 レバノン人男性死刑に
2010年4月2日 毎日新聞

 レバノンの衛星テレビ番組に出演し、視聴者の将来を「予言」していたとして、レバノン人のイスラム教徒の男性が巡礼先のサウジアラビアで「魔術」にかかわった容疑で逮捕され、死刑判決を受けていたことが分かった。

 AFP通信などによると、アリ・サバト被告(46)で、番組に何度も出演して視聴者に対して、その未来を予言したり、助言をしていた。08年5月、サウジの聖地メディナを訪問した際に宗教警察に逮捕され、昨年11月に現地の裁判所で死刑判決を受けた。

 サウジの法律では殺人や麻薬密輸に加え「魔術」も死刑の対象となる。07年11月にはエジプト人薬剤師が「魔術」に関与したとして斬首(ざんしゅ)刑になっている。

 被告の弁護士は「近く刑が執行されるとの情報を得た」と述べたが、レバノン法務省は被告の母親に「執行は延期になった」と連絡したという。国際人権団体によると、サウジ国王が恩赦する可能性が残っているという。

 アムネスティ・インターナショナルによると、サウジでは09年に69人が死刑となり、中国、イラン、イラクに次いで4番目の多さだったとみられている。



・宗教警察なんかそぐわない。異端審問所。未来を予言することは魔術なんだろうか!? それにしても、テレビ出演するくらいの人だから有名だろうし…巡礼先のサウジアラビアで死刑判決!? 巡礼するくらいの信仰もある。戒律に厳格であることは社会の安定には寄与するだろうが、厳しすぎると萎縮する。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑