井戸端会議6

「あなたとわたしは、切り離されたばらばらの存在。孤独とは、そのような幻想を粉々に打ち砕くもの」(アントニー・デ・メロ)1-409

Solitude shatters the illusion that you and I are separate.

・孤独とは日本語の響きでは、一人寂しい哀れな語感がする。でも、孤独と訳されることばは

 solitude 【名】
 孤独{こどく}、独りぼっち◆ほかの人がいないことによる寂しさだけでなくその自由さを歓迎する意味も表すことができる。
 ・I like the solitude when I walk through the woods. : 森を歩いて通るときの孤独感が好きだ。

 という意味がある。 disconnectedness // isolation // loneliness // solitariness とは少し違う。

孤独のなかで幻想を破るんだ。よくよく考える。人間は本当にばらばらの存在なのだろうか。その先に答えがある。


**Q: あなたのお気に入りの本屋さんはありますか?

A:近隣の本屋さんが凄くこだわりの主人の店。人文書を置きたいがために、店を大幅拡張して日本でも有数の人文雑誌バックナンバーを誇いる。そのために、何十年も地道に働いてきてお金を貯めたみたいです。やはり、どこに行っても同じ顔のコンビニみたいな殺風景は嫌です。本屋さんこそ、個性を前面に出してもらいたいです。手にとって本を味わうことのできる幸せを噛みしめています。本屋さんには夢があります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑