煩悩林5

   盲亀

浮木にすがりながら
ここどこだろうとかんがえる
ここ大きなおんはからいの
海らしい

・神仏の懐で、私たちは舞をまう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑