NHKスペシャル 無縁社会 ~“無縁死” 3万2千人の衝撃~

NHKスペシャル 無縁社会 ~“無縁死” 3万2千人の衝撃~
2010年1月31日 NHK総合テレビ

自殺率が先進国の中でワースト2位の日本。NHKが全国の自治体に調査したところ、ここ数年「身元不明の自殺と見られる死者」や「行き倒れ死」など国の統計上ではカテゴライズされない「新たな死」が急増していることがわかってきた。なぜ誰にも知られず、引き取り手もないまま亡くなっていく人が増えているのか。「新たな死」の軌跡を丹念にたどっていくと、日本が急速に「無縁社会」ともいえる絆を失ってしまった社会に変わっている実態が浮き彫りになってきた。「無縁社会」はかつて日本社会を紡いできた「地縁」「血縁」といった地域や家族・親類との絆を失っていったのに加え、終身雇用が壊れ、会社との絆であった「社縁」までが失われたことによって生み出されていた。

また、取材を進めるうちに社会との接点をなくした人々向けに、死後の身辺整理や埋葬などを専門に請け負う「特殊清掃業」やNPO法人がここ2~3年で急増。無縁死に対して今や自治体が対応することも難しい中、自治体の依頼や将来の無縁死を恐れる多くの人からの生前予約などで需要が高まっていることもわかって来た。日本人がある意味選択し、そして構造改革の結果生み出されてしまった「無縁社会」。番組では「新たな死」が増えている事態を直視し、何よりも大切な「いのち」が軽んじられている私たちの国、そして社会のあり方を問い直す。



・無縁死という言葉は、新しいキイワードとなるだろう。
番組で語られていたのは、100人の無縁死者を追っていたとナレーションがあった。それに呼応するようにニュース9で短い特集番組として報道している。
間違えやすいのは、無縁死とは縁者が分からないのではなく、縁者に引き取り手のない遺骨があるということだ。ホームレスや自殺者など故意に身元を隠す人たちはそれほど多くはない。問題になっているのは、近親者がいながらも引き取りのない、連絡がつかないで行政的に処理される遺体が数多いことだ。これは、薄々感じていたことを全国規模で取材したもので、ああやはりそうかという内容。また、少子高齢化、未婚率上昇で、これからも増えるのか確実である。わたしは、近年の葬儀様式の変化を見ていたから、急速に規模が縮小している現実を知っている。それだけ、縁を持たない、感じない時代に入ってしまった。番組に登場している人は、人生の最期を1人孤独で生活している実態がある。それを望んでいるわけではないが、福祉にお世話になるほど貧窮しているわけではない。その侘しさに対処できる人生観も持っていない。
ただ、番組構成としては、もう一歩踏み込んだ感じがしなかった。個々の事例に左右されていたようだ。無名の人にも歴史があったという感じの仕上がり方である。また、処方せんも当然なかった。番組冒頭と最後で背景になった、大都市の中から立ち上る1個の風船…それは、関係を断ち切られた象徴としてであったが、そのような映像は必要ない。また、全国調査の詳細を紹介することがなかったので残念である。

関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑