米大統領:ダライ・ラマと会談 チベットの人権擁護を支持

米大統領:ダライ・ラマと会談 チベットの人権擁護を支持
2011年7月17日 毎日新聞

 オバマ米大統領が16日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と米ホワイトハウスで会談したことに対し、中国外務省の崔天凱次官は17日未明、北京の米大使館幹部を呼び出し、「重大な内政干渉であり、中国の核心的利益と両国関係を損ねた」と抗議した。しかし、オバマ氏は会談の中で米中関係の重要性を指摘し、中国側も現時点では対抗措置に言及しないなど、両国の様子見の姿勢も目立った。

 ホワイトハウスの声明によると、オバマ氏は会談で、チベットの人々の人権擁護を強く支持。中国政府との対話を求めるダライ・ラマの姿勢を称賛し、中断している直接対話の再開で問題解決に当たるよう促した。

 一方でオバマ氏は、「チベットは中国の一部であり、米国はチベットの独立を支持しない」との立場を改めて表明し、米中の協力関係構築の重要性にも触れた。ダライ・ラマとの会談は昨年2月に続き2回目だが、前回と同様にホワイトハウス内の私的面会用の部屋で行い、メディアの撮影も認めなかった。

 中国外務省によると、崔次官も会談について「強い憤りと断固たる反対」を表明した一方で、「両国関係の安定と発展を維持するためには、双方がともに努力する必要がある」と指摘。当面は米国側の出方を見極める構えとみられる。【ワシントン白戸圭一、北京・成沢健一】



・外信では、ダライ・ラマの動向は要注意である。

オバマ氏、ダライ・ラマと会談へ…人権擁護支持
2011年07月16日 読売新聞

 米ホワイトハウスは15日、オバマ大統領がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と16日にホワイトハウスで会談すると発表した。

 大統領がダライ・ラマと会うのは昨年2月以来2度目。

 ホワイトハウスは声明で、「会談は、チベットの宗教的・文化的・言語的独自性維持とチベットの人々の人権擁護への(大統領の)強い支持を示すものだ」とした。大統領は会談で、ダライ・ラマ側と中国政府の対話に支持を表明する方針。

 会談は大統領執務室でなく、前回と同様に私的な面会用のマップルーム(地図の間)で行われる。チベット亡命政府は5月、憲章を改正し、ダライ・ラマの政治権限を首相らに移譲することを決めている。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑