井戸端会議5

「罪人であることに感謝しなさい。罪を知ることこそ恵みなのだから」(アントニー・デ・メロ)1-408

Be grateful for your Sins. They are carries of Grace.

逆説的なことばであるが、罪に悩み苦しむゆえに神を求める。その罪が深いほど、深く神を求める。そこで、罪の持つ意味が分かる。

**Q: 独身の人の出会い交流事業やお見合いパーティに参加したことがありますか。

A:わたしはありません。
若い頃は結婚紹介業者から頻繁に連絡がありましたが、それが過ぎると落ち着きました。

テレビ番組で流行語となった「ねるとん」など一時期流行りましたね。あれを見ていて、とても不快になりました。出会いを演出するのは結構なことだと思うかもしれませんが、要は才色兼備の異性を誰もが求めているという現実をつきつけられたように思います。そして、複数の相手を値踏みするという発想も露骨で嫌になります。

わたしは自然な出会いを求めたいですね。わたしの意識とは別なところで、何らかの要因が働いて人間は出会うという運命にあると信じたいです。縁を取り持つのは、人ではないかもしれません。そうした出会いを数々経験してきて、ますます出会いの不思議を感じています。だから、焦らずに自分らしい生き方を続けていくことが、結婚観に縛られない現実的な選択だと感じます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑