NHKスペシャル メイド・イン・ジャパンの命運

NHKスペシャル メイド・イン・ジャパンの命運
2010年1月24日 総合テレビ

金融危機の影響がもっとも大きく出た日本。GDPはまもなく中国に抜かれ3位に転落するのは必至である。こうした中、日本はグローバル経済の中で、何を作り、何で稼いでいくべきなのか。世界最強のブランドと言われた“メイド・イン・ジャパン”が、出口を求めて必死にもがいている。いま日本の製造業が直面している世界の地殻変動、それは、猛スピードで技術が陳腐化し、製品の差別化が難しく、しかも製品の寿命が超短命に陥っていることだ。メイド・イン・ジャパンの代名詞だったテレビ業界では、特にその傾向は顕著で、どんなに高度で精密な薄型テレビを作り出しても瞬く間に韓国台湾などアジア勢の猛追を受ける。少しでも安いモノをと考える消費者にとって、ライバルがある程度の技術力を持てば、日本製品の優位性は一気に崩れるのだ。こうした中、いま一度日本国内工場の存在意義を問う、「生き残りをかけた実験」が始まっている。東芝ではコストを度外視した超高機能テレビを作り技術力を極めようとする試みが佳境を迎えた。JVCケンウッドでは、自社生産にこだわらず、技術を中国メーカーに譲って製品を作らせ、そのライセンス料を企業収入にしていこうという動きも見られる。番組は、「日本は今後どうやって食べていくのか」、「日本人は何が得意なのか」と自問を繰り返す二つの電機メーカーの社運を賭けたプロジェクトに密着し、メイド・イン・ジャパンの未来を見つめていく。



・期待して見た番組だけに少しがっかりした。
冗長な仕上がりになっていて、NHKらしさがなかった。番組では東芝の高機能テレビを中心に開発舞台裏を報告した。ただ、ドラマが特になくヤマなかった。49分という時間を持たせるために、不要なシーンが散見され編集がイマイチだ。この内容なら経済ニュースの特集で8分程度にまとめられる。
題名からすると、もっと大きな問題提起をしてほしかった。唯一感じたことは、生産現場での開発に余裕が全くないということだ。新製品発表会を控えて逆算して間に合わせるが、綱渡りの感じがしてしまう。日本のモノづくりは一定の分野で着実に残っている。労働集約的なものよりも、職人技やソフト作りの伝統を活かしていくしかないだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑