大分の統一教会を捜索、印鑑不正販売の疑いで

大分の統一教会を捜索、印鑑不正販売の疑いで (読売新聞)
2010年1月19日

 大分県警は19日、不安をあおって高額な印鑑を売り付けたとして、大分市上野町の印鑑等販売会社「サンハート健美」と、元従業員の女2人の自宅など5か所を特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で家宅捜索した。

 県警は、女が世界基督教統一神霊協会(統一教会)の信者とみて大分市新川町の同協会大分教会も捜索した。

 県警によると、女は同県由布市の40歳代と岡山県倉敷市の50歳代で、由布市の女は今も従業員の可能性があるという。2008年8月、大分市内の女性(54)の自宅を訪問し、「奥さんの字画は良くない。大凶です」などと迫り、印鑑6本(計約50万円)を購入させた疑いが持たれている。



・懲りないね統一教会。これが疑似キリスト教会だから始末が悪い。
彼らの言い分は何なのか。騙される奴は馬鹿なのか。宗教と金儲け。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑