デ・メロ2

「主は、わたしの罪深さをよくご存じなのに、『おまえは、わたしにとって、かけがいのないもの』と言われる。主はわたしの内にいったい何をご覧になっているのか」(アントニー・デ・メロ)1-408

What does he see in me that eventhougt he knows my sinfulness, he says, "You are precious to my heart" ?

神はわたしの何を見ているのだろうか。すくなくとも、わたしたちが自分自身を評価する物差しで見ていないことは確かなのだ。神にとって、あなたも、あなたも、かえがいのないものと言われている。自分に絶望するときに、もう一度振り返ってほしい。あなたが見出せないものを見てくださる神がいることを。そして、見渡せばわたしのことを気遣ってくれる人に確かに囲まれていた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑