この杯が飲めますか?15

「『しかし、わたしの願いどおりでなく、御心のままに』(マタイ二六・三九)と。しかしそれは、意志の強さ、確固たる決意と大いなる勇気の見せ場としてではなく、傷つけられたイエスの心が出来うる限りの、最愛の御父への深い霊的な受諾だったのです」(ヘンリ・ナウエン)1-31

・イエスが胸を叩きながら語った言葉とは思えない。傷ついて、瀕死の中でも彼は語るだろう。それが理不尽なことであっても、成されている現実に従うことこそが御心なのである。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑