情熱大陸 ピアニスト アリス=紗良・オット

arisusara.jpg
情熱大陸 ピアニスト アリス=紗良・オット

ピアニストのアリス・紗良・オットに密着。ドイツ人の父親と日本人の母親の間に生まれた彼女は、4歳から本格的にピアノを学び、7歳でコンクール初優勝を果たした。その後、欧州のさまざまなコンクールで優秀な成績を残し、2008年にCDデビューした。世界的なオーケストラ、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団と共演したステージの模様などを届ける。

・若干21歳。芸術家を知ると、その周辺のいろいろが知りたくなる。
彼女が両親と住んでいるのがミュンヘン。その地の日本語学校でも学び日本語も大丈夫。妹もピアニストだという。母は音大でピアノを専攻した。アリスは自己表現としてピアノがしたいと思ったそうだ。番組でも全く自然な感じの彼女だ。どこでもいそうな感じ。ただピアノの練習をしている風景は映していないし苦労は語らない。プロのピアニストになるだけでも大変だろう。DGの見い出されてCDデビューもしている。さわやかな感じが残った。
番組で放送された演奏が、ライブ録音として近日発売される。CD宣伝も兼ねていたのかなぁ。


★アリス=紗良・オット(ピアノ)
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:トーマス・ヘンゲルブロック
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23(*)
リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調 S.124
録音:2009年11月 ミュンヘン(ライヴ(*))
CD:UCCG-1488 \2,800 ドイツ・グラモフォン [2010年1月6日発売]

アリス=紗良・オット(ピアノ) Alice Sara Ott
1988年ドイツ人と日本人の両親の許ミュンヘンに生まれる。
4歳から本格的にピアノを学び、5歳で最初のコンクールに入賞。1995年ドイツ連邦青少年音楽コンクール優勝を皮切りに、97年スタインウェイ国際、98年イタリア・リゲティ国際、99年ハンブルク音楽ホール、2000年グロートリアン・シュタインヴェーク国際、01年及び02年ミュンヘン・カール・ラング、03年リンダウ・ロータリー・ヤング・ミュージックの各コンクールで全て第1位受賞。2003年には権威あるケーテン・バッハ・コンクールで第1位と市長特別賞も獲得。2004年史上最高得点でイタリア・ピエネロ・デルヴァルティドーネ国際コンクール優勝、05年欧州ピアノ指導者連盟コンクールでも第1位桂冠。2003年からバイロイト音楽祭に招かれ、ワーグナー愛用のピアノでリサイタルを開催、06年リストの超絶技巧練習曲全曲を演奏して奇跡を成し遂げたと評される。ミュンヘンのヘルクレスザール、アムステルダムのコンセルトヘボウ、東京のサントリーホール等、世界の主要会場で出演を行っており、ライプツッヒ・バッハ音楽祭、チューリッヒ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、ルール・ピアノ音楽祭等著名フェスティバルへの招待も数多い。これまでに、デイヴィッド・ジンマン、アヌ・タリ、ニコライ・ジャジューラ、大友直人、井上道義、尾高忠明、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、サンクトペテルブルク交響楽団、キエフ国立フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、読売日本交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢等と共演を重ね、パーカッショニスト、ペーター・ザードロと組んだコンテンポラリー・コンサートは大きな話題を呼んだ。アルフレート・ブレンデル、中村紘子、ラルス・フォークト、アンドラーシュ・シフ等多くのピアニストから絶賛される逸材で、2007年権威誌フォノ・フォルムは、最も優れた次世代アーティストと賞賛を贈った。2008年ニューヨーク・デビュー、その後も、アイスランド交響楽団やオーケストラ・アンサンブル金沢との日本、ヨーロッパ両ツアー、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団との共演が予定されている。
2008年11月ドイツ・グラモフォンから待望のCDアルバムをリリース。
現在、特別奨学生としてザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学のカール=ハインツ・ケマリンク教授に師事する。
ミュンヘン在住。

[ 主な受賞歴 ]
1995年 ドイツ連邦青少年音楽コンクール優勝
1997年 スタインウェイ国際コンクール 第1位
1998年 イタリア・リゲッティ国際コンクール 第1位
1999年 ハンブルク音楽ホール・コンクール 第1位 
2000年 グロートリアン・シュタインヴェーク国際コンクール第1位
2001年 ミュンヘン・カール・ラング・コンクール 第1位
2002年 ミュンヘン・カール・ラング・コンクール 第1位
2003年 リンダウ・ロータリー・ヤング・ミュージック・コンクール第1位
2003年 ケーテン・バッハ・コンクール 第1位&市長特別賞
2004年 ピエネロ・デルヴァルティドーネ国際コンクール優勝 (史上最高得点)
2005年 欧州ピアノ指導者連盟コンクール 第1位桂冠

関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑