解かれた封印~米軍カメラマンが見たNAGASAKI~

解かれた封印~米軍カメラマンが見たNAGASAKI~
2008年8月7日 NHKスペシャル

今、1枚の写真が注目を集めている。

63年前、被爆した長崎で撮影されたもので、亡くなった幼い弟の亡きがらを背負い火葬場の前にたつ「焼き場に立つ少年」と題された写真だ。

撮影したのはアメリカ人カメラマン、ジョー・オダネル。去年8月9日、亡くなった。占領軍として原爆投下後の長崎に入り、その破壊力を記録するため写真を撮影する一方で、軍に隠れ内密に自分のカメラでおよそ30枚の写真を記録した。帰国後、被爆者の記憶に悩まされ、悲劇を忘れ去ろうと全てのネガを自宅屋根裏部屋のトランクの中に閉じこめ、43年間封印してしまう。しかし晩年になって原爆の悲劇を訴え母国アメリカの告発に踏み切っていく。原爆投下を信じる周囲から非難の声を浴びながら、85歳の生涯を閉じた。

なぜオダネルは、軍の規則に違反して写真を撮影したのか。
なぜその写真を長年隠し、晩年になってトランクを開け母国を告発したのか。

その足跡を追う息子が、遺品の中に残された録音テープを発見した。そこには写真に秘められた過去と、真実を伝えざるを得なかったオダネルの思いが告白されていた。



・米国従軍カメラマンの戦後史である。彼は原爆の威力を確認するために長崎に入り、軍規に反して市民を秘かに撮影していた。たれプーさん♪はこの事実を全く知らなかった。今回彼の行動を知り大いに勇気を得た。戦争の面影は生き残った人たちに濃く作用する。なぜ私だけが生き残ったのかと…。彼の写真集は1995年に発刊されていて、この放送がされるまでに10年以上が経過している。長崎の写真は、悲惨な映像ではないが当時の日本人の記録が確かにある。

関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑