独善的発言で釈明=キリスト教団体に小沢氏

独善的発言で釈明=キリスト教団体に小沢氏 (時事通信)
2009年12月7日

 民主党の小沢一郎幹事長は7日午後、党本部で日本キリスト教協議会の飯島信・総幹事らと面会した。小沢氏は、自身が「キリスト教は排他的で独善的」と発言したことについて、飯島氏から真意をただされると「キリスト教は一神教だが、仏教は非常に融合的な宗教であり、文化的な背景を説明したかった」などと釈明した。

 これに対し、飯島氏は「幹事長の言葉は大きな影響力を持つから、誤解を招くようなことがないようお願いしたい」と注文を付けつつ、説明を受け入れた。この後、小沢氏は記者会見で「基本的な考え方は、お互いに理解し得た」と強調した。

 

・思想・信条を問われた形になり幹事長も説明が難しい。
どのようなやり取りがあったのかまでは分からない。
ただ、一神教が排他的になりやすいのは認めざるを得ない。
同じキリスト教であっても、互いに反目する場面もある。
異なる宗教から、エッセンスを汲みとり考えるのがよいと考えるが…。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

tokumei #mQop/nM.

民主党に最も縁が深い宗教はキリスト教

NCCの申し入れに小沢氏と同席した今野東議員は
民主党副幹事長の1人で小沢氏側近、かつ熱心な
クリスチャンである。

で、民主党に最も縁が深い宗教はキリスト教で
あることは流れを紐解けば明白である。

小沢グループだけでも今野東議員以外に何人もの
クリスチャンがおり、民主党国会議員の全体では
1割弱がクリスチャンである。

しかし、そのクリスチャン議員たちは普段その事
を声高に言わないので、後から党に入った小沢氏
は無知と見識の低さを晒したことになる。

民主党クリスチャン議員たちは幹事長の妄言には
苦笑している。

負け惜しみを引きずるより、潔い方が良い。
小沢氏はこのまま屁理屈でのごまかしを続けて恥
の上塗りしないで失言を率直に詫びるべきだろう。

また、今野東議員の板挟みの心境を心配せずに
はおられない。

2009年12月09日(水) 09時45分 | URL | 編集

たれプーさん♪ #-

政治と宗教は分離して考えます

tokumei さま

コメントありがとうございます。

小沢幹事長の見識は、小沢氏の思想・信条であるので特に何も感じません。
一般的なキリスト教に対する見方であると思います。

問題は、小沢氏が民主支持を求めて仏教会と接触し懐柔を図ったことですね。

民主に、どれほどクリスチャン議員がいても、それを信条として政治をするわけではありません。
前首相も、カトリック信者でしたが、政権運営には公明とも仲良くしていますね。

政治と宗教は分離して考えるのがたれプーさん♪の立場です。(__)

2009年12月10日(木) 00時27分 | URL | 編集


トラックバック

↑