榎木孝明、30日間「不食」生活中!摂取水だけ

榎木孝明、30日間「不食」生活中!摂取水だけ
2015年6月17日 スポーツ報知

 俳優の榎木孝明(59)が、5月20日から続けてきた30日間の「不食」を18日に終える。15日夜、インタビューに応じた榎木に、今回の思い切った行動を起こすきっかけや、体に及ぼしたさまざまな変化を聞いた。

1か月不食もすがすがしい表情を見せる榎木孝明

 修行僧のような姿ではなかった。榎木は痩せているものの元気で顔色も肌つやもいい。「絶食、断食ではない。食べなくても生きられることを自分の体で科学的に調べてみたかった。不思議ですが一度も空腹感はない。心地良い満腹感に満たされているような。苦痛を探してもないんです」

 この間、万が一に備え、専門家の指導を仰ぎ、都内の研究室に泊まり込み、ここから仕事へ。摂取は水のみ。血糖値や塩分対策で1度あめ玉を補給しただけだ。採血、検尿、心電図を毎日検査しているが異常はなく、9キロ減った体重はいま71キロをキープしている。

 飽食時代。04年ごろから「不食」本が注目され始めたが、榎木は20代からインド中心に一人旅を続け、飲まず食わずで帰国後、いつも体調が良くなっていることに着目。短期間の「不食」を何度も経験してきた。「食べないと死ぬ、という恐怖感が良くない」。スケジュールを調整し、1か月間の実験を敢行。さまざまな変化が起きた。

 「集中力が増し、本を読むスピードが格段に速くなった。睡眠も深くなり、4時間眠ればすっきり。腰痛も消えた。理由はまだ分からない。でも、眠っていた自浄作用が一斉に目覚めた感覚。運動時も胸式呼吸が腹式に。スタミナが増しました」

 榎木は、この経験はあくまで個人の体験に基づくもので研究の第一歩だと強調。「これを強制するものではないし、私自身、食文化を否定しません」。無事に「不食」を成功させると、2日後にはテレビの“食レポ”の仕事が待っているそうだ。(内野 小百美)

 ◆榎木 孝明(えのき・たかあき) 1956年1月5日、鹿児島県生まれ。59歳。武蔵野美術大を経て劇団四季に入り、81年「オンディーヌ」主演。83年四季退団。主な主演作に84年NHK連続テレビ小説「ロマンス」、90年映画「天と地と」、フジ系「浅見光彦シリーズ」など。7月スタートの日テレ系「花咲舞が黙ってない2」(水曜・後10時)に出演する。2男1女の父。特技は乗馬、武術全般、絵画。身長180センチ。

 ◆不食、絶食、断食とは いずれも「食物を体内に入れない」という点では共通しているが、「絶食」は主に医療行為やダイエットなど、なんらかの目的のための行為を、「断食」は主に宗教的な行為に対して呼ぶことが一般的。食欲と闘わずして食べない行為が「不食」と位置づけられている。


・不食という言い方ははじめて聞いた。「不食、絶食、断食」に違いがあるらしい。

俳優・榎木さんの一つの健康法になるのだろう。ただ、彼はそれを自分自身にのみ適用する。このような態度は大いに見倣いたいものである。

誰もが自分の体験を絶対視して、こうすれば、これを食べれば健康になると高説を垂れることが多い。それは芸能人にとっては話題になるための手段だろうが、それを真に受ける人が必ず出てくる。

厳密に言えば、個人の体験が絶対でないのは宗教体験と呼ばれるものからも分かるだろう。ある人は神を見たという、神の声を聞いた、神の意思を感じたという人もいる。それが妄想でなくて本物と誰が判断するのだろうか。

ただ、そこから宗教は始まっていくのかもしれない。問題は適用範囲であり、極限られた範囲でしか感じられない程度のことを誇大視することが多くの間違いの原因となる。

肉体を極限までもっていくと、人間本来の野生が戻ることは知られている。すると何が自分にとって食すべきか、さらにどうしたらいいのかということも頭でなく全身で分かるようになる。

私は個人的に断食の経験はないがヨガ道場で小食の経験をしたことがあった。残念ながら体感力が乏しいので何かを感じることはなかったが、案外昔の日本人が朝夕二度の食事だったということもうなずけた。

そして彼の話で思い出したが、修行は肉体をいじめることではないのだ。だから苦痛な修行は方法を間違えているし快楽の極みの果てに何かが得られるわけでもない。それはやはり自分自身との対話ということになろう。

身体の欲する刺激が何であるのか、何を食べ、何を読み書き、誰と付き合い、どのように暮らしていくのかを知っていくことが人生という修行であり、それが苦痛であるはずもない。その程度のこと、つまり腹八分(飽食の現代は腹六分か!?)を生きるということだろう。

食の管理は、くれぐれもしっかりとした導師や環境下で、徐々に初めて徐々に回復させることが要諦。イスラム教徒のラマダンなどもそうした点で優れた伝統なのだろう。

不食に値するものを、各個人が自らつかんで行うことは有効だろう。それが趣味であっても仕事や生活の中で見つけ行うこともできる。少し生活を緩めてみることは何かに気づく契機となるに違いない。


続報

榎木孝明「不食」で緊急会見!「反響に驚いています」
2015年6月17日 スポーツ報知

 今月18日まで30日間、水以外を摂取しない「不食」を続けている俳優の榎木孝明(59)が17日、都内の所属事務所で会見し、改めて体験談を語った。

 この日、新聞で報じられ、マスコミ各社から問い合わせがあり、急きょ囲み取材に。「僕自身がこの反響に一番、驚いています」。この間の排便についても触れ、「食事中の方、すいません。この1か月間に計3回あり4、5日目に宿便と思われる黒い便が。20日目ごろに腸壁と呼ばれるものが出ました。よく腸が動き、オナラが出ます。お風呂でかいだら無臭でした」などと丁寧に説明した。

 集まった取材陣も、常識ではちょっと考えられない体験を、何の苦痛なくこなし、にこやかに話す姿に「お腹がすかないって、本当にあるんですか?」「食べ物の夢を見ませんか?」など、半信半疑の質問が相次いだ。

 榎木は「不食」に賛否両論の声があることも把握しており、「決して同じマネはしないでください」と強調。宗教とのかかわりにも「どのオカルトにも宗教にも加担していません。強いて言えば、榎木教でしょうか?」といつもの物静かな口調で話していた。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。