マザー・テレサ、来年にも列聖か

マザー・テレサ、来年にも列聖か
2015年5月20日 時事通信社

 イタリアのメディアは19日、インド東部コルカタを拠点に貧困者救済に尽力したマザー・テレサ(1910~97年)について、2016年9月にカトリックで最高位の崇敬対象である「聖人」に認定されるとの見通しをフィジケラ枢機卿が示したと伝えた。

 マザー・テレサは1979年にノーベル平和賞を受賞。03年に「聖人」の前段階の「福者」に叙せられている。

 一方、バチカン(ローマ法王庁)報道官は、列聖はまだ承認されておらず、「この日程で決まったと述べるのは時期尚早」と指摘した。【バチカン市AFP=時事】


・確報でないが、人気あるマザー・テレサだけに話題性はある。

カトリック信者でない人は聖人に対しての思い・憧れは薄いと考えるが、どうなのだろうか。


追記

シスター・ニルマラ・ジョシー死去
2015年6月23日 時事通信社

マザー・テレサが創立した女子修道会「神の愛の宣教者会」の後継総長、シスター・ニルマラ・ジョシーが23日、インド東部コルカタで死去した。81歳。報道などによると、心臓病を患っていた。



20150624.jpg

Mother Teresa's Successor Sister Nirmala Dies at 81
2015年6月23日 バチカン放送局

Sister Nirmala Joshi, the first to lead the Missionaries of Charity after Mother Teresa, died Monday night, in Calcutta. She was 81 years old. She had suffered from heart problems for the past few years. After a kidney failure, on Friday, June 19 the doctors wanted to hospitalize her to undergo dialysis. The nun, however, preferred to stay with her sisters: After a Mass celebrated by a Jesuit priest in the hospital, she was discharged. Her funeral is scheduled for 4pm (local time) Wednesday at the headquarters of the Congregation.

Tuesday her body will be laid in the Church of St. John, before being transferred by evening to the Missionaries’ home in Tengra, a Calcutta suburb.

Sister Nirmala was born in 1934 in Ranchi, capital of Jharkand, which at the time, was a part of the province of Bihar and Orissa under the British Empire. His parents were from Nepal and her father was a British army officer, until India’s independence in 1947. Although her parents were Hindus, Nirmala was educated by Christian missionaries in Patna, capital of Bihar state.

It was then that she first met Mother Teresa and expressed her desire to share in her work. She soon became a Catholic and joined the Missionaries of Charity.

A graduate in political science and after a period spent as a lawyer, she became one of the first sisters of the congregation to lead a foreign mission, when she was sent to Panama.
In 1976, Sister Nirmala started the contemplative branch of the Missionaries of Charity, of which she remained in charge until her election as successor to Mother Teresa in 1997, six months after the death of the founder.

January 26, 2009 (Republic Day) the Indian government awarded her the Padma Vibhushan, the second highest civilian award of the country, for services rendered to the country.

Her term as superior general of the Missionaries of Charity ended March 25, 2009: she was succeeded by German Sister Mary Prema Pierick, who is still at the head of the congregation of Mother Teresa. (AsiaNews)



追記

ローマ法王庁 高山右近を「福者」認定へ
2015年6月25日 NHK

国外に追放されながらも信仰を貫いた戦国時代のキリシタン大名、高山右近に、ローマ法王庁は「福者」の敬称を与える方針を決め、25日、手続きを担当する神父が大阪を訪れて、高山右近の生誕の地を見て回りました。

201506261.jpg

キリシタン大名の高山右近は、大名の地位を取り上げられ、国外に追放されながらも信仰を貫き、フィリピンでその生涯を閉じました。

それからちょうど400年に当たることし、ローマ法王庁は日本からの申請に基づいて、右近を死者への敬称で最高位の「聖者」に次ぐ「福者」に認定する方針を決め、手続きを担当するアントン・ヴィットヴェル神父がローマから来日しました。

ヴィットヴェル神父は、右近の生誕の地、大阪・豊能町を訪れ、右近が生まれた場所を示す石碑や石像などを見て回ったほか、豊能町の町役場も訪れて、茶人としても知られる右近にちなんで茶のふるまいも受けました。

20150626.jpg

ヴィットヴェル神父は「右近がどういう場所で生まれ、育ったかを知ることができて、とてもよかったです」と話していました。ローマ法王庁は、法王による承認の手続きを経て、ことしの末から来年初めごろに高山右近の「福者」の認定を正式に発表する見通しです。



キリシタン大名・髙山右近研究室  http://www.hi-ho.ne.jp/luke852/ukon.html


追記

マザー・テレサが「聖人」に 来年9月にも列聖式
2015年12月18日 中日新聞

 ノーベル平和賞受賞者の故マザー・テレサが、カトリック教会で最高の崇敬対象である「聖人」に認定されることが決まった。ローマ法王庁(バチカン)が18日までに明らかにした。バチカンの列聖省が17日に最終決定し、法王フランシスコの承認を得たという。

 列聖式の日程は後日発表されるが、来年9月4日との報道もある。

 列聖には、その人が死後に起こした奇跡の認定が必要。イタリアメディアによると、2008年にブラジル人男性が脳の手術中、助かる見込みはないとされていたものの、男性の妻がマザー・テレサに祈って回復したという出来事が奇跡と認められた。【ローマ共同】



追記

高山右近を「福者」に認定 殉教とローマ法王庁
2016年1月22日 中日新聞

 ローマ法王庁(バチカン)は22日、1615年に死亡したキリシタン大名、高山右近がカトリックで最高の崇敬対象とされる「聖人」に次ぐ地位の「福者」に認定されることが決まったと明らかにした。認定儀式「列福式」の場所や日程は未定という。

 バチカンによると、福者となるために必要な条件である殉教と認められた。列聖省のアマート枢機卿が21日、法王フランシスコに面会して承認を得た。

 大阪で生まれた右近は父の影響で洗礼を受け、織田信長や豊臣秀吉に仕え、高槻(大阪府高槻市)や明石(兵庫県明石市)を治めた。【アテネ共同】


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑