人生いろいろ:断ったのに豪華本が勝手に送られてきた・・・

† 以下の事例は36000円の本が勝手に送られてきて困ったという相談。それが菊の御紋・皇室に何らか触れるかもしないと恐れて買ってしまう可能性も高い。むろん皇室が自ら出版しているわけでなく、皇室関連の記事をスクラップした程度の内容に違いない。ブックオフなどに行くと、数万円という定価のついた未流通本がいくつも並んでいるが記念誌や戦記、紳士録などが多い。外函だけ豪華で中身がスカスカという共通点がある。

‡ 私は一定の敬意を持って皇室の活動は見つめている。ただ、いわゆる女性週刊誌など皇室の話題で一儲けしようという媒体もある。皇太子妃のご成婚に関して興味を抱いていたので某女性雑誌別冊を中古で購入したが、これは今でもなかなか捨てにくいものだ。個人的に皇室と何ら関係すらない立場だが、皇室も利用されるのは不本意ではないだろうか。


見守り新鮮情報 第220号    平成27年4月17日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  断ったのに高額な「皇室」の本が送られてきた

数日前、高齢の母が「昭和50年代の天皇家のことが分かる楽しい本があるので
買いませんか。値段は3万6千円です」と電話で勧誘された。母は「新聞や本も
読めず興味ありません」と断ったが、宅配便で皇室に関する書籍が送付され、
受け取ってしまった。(当事者:80歳代 女性)

<ひとこと助言>
☆注文や承諾をしていない商品が届いても、受け取る義務も支払う義務もあり
 ません。宅配業者に「受け取りません」と伝え、受け取り拒否をしましょう。
 受け取り拒否をしても宅配業者に迷惑はかかりません。
☆「確認が取れない荷物は受け取らない」というルールを、家族で作っておく
 のも一つの方法です。
☆困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。