ローマ法王:原発は「バベルの塔」 現代文明のひずみ指摘

ローマ法王:原発は「バベルの塔」 現代文明のひずみ指摘
2015年03月22日 毎日新聞

 フランシスコ・ローマ法王は20日、バチカン(ローマ法王庁)を公式訪問した日本の司教団と会見。東日本大震災の福島第1原発事故に関連し、人間のおごりと現代文明のひずみの一例として原発の開発に警鐘を鳴らした。法王が原発の安全性に言及するのは異例。

 バチカンは会見の詳細を発表していないが、日本司教団によると、法王は「人間は神の定めた自然のおきてに逆らってはいけない」と指摘。原発を旧約聖書の「バベルの塔」になぞらえ「天に届く塔を造ろうとして、自らの破滅を招こうとしている」と表現し、「人間が主人公になって自然を破壊した結果の一つ」と述べたという。法王は「原発廃止」や「脱原発」には言及していないが、現代文明の抱える課題として懸念を表明した形だ。

 また、法王は広島、長崎への原爆投下と第二次世界大戦終結から70年を迎えることに触れ、核兵器製造を「人類の悪行」と非難したという。日本司教団は法王が日本に向けた平和のメッセージを発表するよう依頼した。

 法王は禁教下に信仰を死守した潜伏キリシタンを「指針」とたたえた。キリシタン大名の高山右近(1552?1615)がカトリックで「聖人」に次ぐ「福者」に認定される見通しで、法王は来年、日本で予定される列福式に「可能なら行きたい」と述べたという。【ローマ福島良典】


・この報道であるが公式なものではなく、内容が内容だけに慎重な扱いとなるだろう。

「(被災地からの手紙を伝えたいという思いを知った)独プロテスタント教会から、日本のカトリック正義と平和協議会へつなぎ、ローマ法王へ飯館村の人の手紙を届けた。」という確実な情報もあり、被災地の声を直接、法王に伝えたものと思われる。

内容的には、誰もが同意するものであり、人間の驕りが科学・技術の暴走を制御できなくなっていることに懸念を示したものだ。もはや宗教者が、進歩が速い科学分野の知識を理解し説明することすらできない状態にあり、判断も難しいことだろう。

ただ結果として、生活基盤を破壊し多年にもわたる健康被害をもたらすことに危惧を感じるのは当然だろう。いち早く原発廃止を決めたドイツのような大人の判断ができるか否かだろう。

それにしても、こうした内容を伝える報道は他になく非常にデリケートな問題なのだろうと感じる。


日本カトリック 正義と平和協議会  http://www.jccjp.org/jccjp/home.html

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑