人生いろいろ:卒業式ライブ中継

† 卒業式シーズンになり各地で卒業生が旅立っていく。たまたま関西学院大学で起きた事件を調べていて卒業式がインターネットで中継されることを知って一部を見た。このマンモス大学では午前と午後に分けて卒業式を実施している。着飾った姿でも讃美歌も唄えない学生たちはキリスト教系には寂しい。ネットで検索すると中央大学、立命館アジア太平洋大学、日本大学、同志社大学などが過去・現在行っているようだ。むろん入学式も同様な対応である。

‡ 私個人は現在の大学は大学とは感じないので厳かな雰囲気があっても、卒業生が学士に相応しい生き方をしたかは疑問が残る。だから以下のような事件は大学HPには一切触れられていない。教員・学生ともレベルは低下し、それを正すべく力すら働かない。学生が十分に学べる環境を与えられない社会に育つ子どもたちは不憫だ。


2014年度 関西学院大学 卒業式  Ustream録画

2015年3月18日(水)関西学院大学卒業式(2014年度秋学期)
【午前の部:文・経済・商・人間福祉・教育学部 】
■日時: 03月 18日 (水) 10時 00分
■場所・開催地:西宮上ケ原キャンパス・総合体育館
【 午後の部:神・社会・法・理工・総合政策・国際学部 】
■日時: 03月 18日 (水) 13時 00分
■場所・開催地:西宮上ケ原キャンパス・総合体育館


自ら「犯罪者集団」 関学大生すり、関与11人に拡大
2015.3.18 産経新聞WEST

 関西学院大生がダンスクラブで客の財布を盗んだ事件で、兵庫県警は、新たに男子学生や卒業生計6人を窃盗容疑で書類送検した。既に5人を逮捕(うち3人には有罪判決)しており、関与は20~24歳の計11人になった。

 県警によると、学生らは無料通信アプリLINE(ライン)で、自らを「犯罪者集団」と名乗ってやりとりし、盗んだ1万円札を束にして持った写真を投稿するなど“すりの成果”を報告しあっていた。盗んだ金はカラオケや飲食など遊興費に使っていた。

 学生らの供述では平成25年1月~26年10月、神戸市や大阪市などのダンスクラブで、11人で延べ約400件のすりをしていた。柔道部に所属していた学生は「部活の遠征先の東京でも盗んだ」と供述している。県警は裏付けが取れたすりなど20件(被害総額約152万円相当)を立件した。

 関西学院大の伊藤正一副学長は「深くおわびする。再発防止に全力を挙げる」とのコメントを出した。既に2人を退学、6人を無期停学の処分にした。



関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑