ETV特集 頑張るよりしょうがねえ~福島・南相馬 ある老夫婦の日々~

ETV特集 
頑張るよりしょうがねえ~福島・南相馬 ある老夫婦の日々~
2015年3月7日 Eテレ

東日本大震災から4年。若い世代を中心に人口が減り続ける被災地では、一気に高齢化が進み、近い将来にやってくる日本の超高齢社会を先取りした状況が生まれている。

そんななか、大きな問題となり始めているのが介護する側の人材不足だ。福島県南相馬市では、去年2月に大規模高齢者施設が開所したが、原発事故の影響で若い人々が急減したため、介護スタッフが集まらず、新規の入所希望者を受け入れられない非常事態が続いている。長引く避難生活で要介護となる高齢者が急増しているが、施設はどこも満床で、常に200人、300人待ちの状態。町は、行き場のない高齢者であふれている。

追い詰められた老人が、みずからに言い聞かせるように、つぶやく。
「頑張るより、しょうがねえ」。
はいかいを繰り返す認知症の夫を、仮設住宅で介護し続ける妻。
歩けなくなった妻のために、津波で流された自宅の再建に奔走する夫。

番組では、日に日に追い詰められてゆく介護現場の実態を伝えるとともに、震災後の福島で始まった介護予防の新たな取り組みを紹介しながら、逆境の中、なんとか希望を失わずに前を向いて生きようとする人々の姿を描く。

NHK名古屋放送局制作
語り:國村隼
ディレクター:梅内庸平


・59分構成。

2014年2月から取材を開始。86歳と85歳の妻。借り上げ住宅で生活をしているときに妻が転倒し腰痛が悪化し入院へ。次男は津波で死亡。妻は震災後に鬱病も発症。長男はすでに事故死していた。

夫は、退院後の生活に不安を覚えていた折に近所にある老人保健施設がベットを増やした。ところがフタッフが人手不足で入所できない。施設はあっても入所できないという状況が被災地ではある。

夫は新築バリアフリーの住宅を作る決心をした。2014年3月退院し借り上げ住宅に戻る。新居が完成するまでの半年はそこで生活する。人手不足で訪問介護ヘルパーも一日朝昼の二回しか来てもらえない。ヘルパーの来ない時間の介護は夫。

2014年4月。妻は、スタッフの補充ができ申し込んでから2か月して施設入所ができた。同時期に新築住宅の建設が始まった。2014年9月。住宅需要の増加で人手不足、建築の作業が予定通り進まない。

2014年9月、施設で妻の容態が急変し死亡。

2015年1月。新居完成。

以上が時系列に構成された内容である。

番宣を読んで展開を考えることはできなかったが、見はじめてハッピーエンドはないと直感した。その通り、妻は施設で亡くなり新居で生活することはできなかった。

番組で訪問リハビリ事業所の取り組みを通して介護予防の重要性を入れたが、何か希望を入れようとした感が強い。

とても残念なのは、施設入所後の妻の様子が分からないことで急に亡くなった理由もはっきり伝わらなかった。後半部が一気に進んでしまい、夫の心の動きが印象だけになってしまった。

私が思うには、借り上げ住宅の在宅介護期間も少しで施設入所でき妻も重篤な医療を必要としていない点から非常に上手く進んだ事例であると感じる。

そして夫の過去については全く知らされなかった。いったいどのような生活をして来たのか、それが分からないと、なぜ全財産を使って86歳になって新築の家を作る理由が肉付けされない。

予想していたのは在宅介護に悪戦苦闘する夫の姿を通して、被災地における介護環境の悪化を伝えたいのかと思ったが、一人の男の信念、生き方を描いたものだった。ならば、もっと夫に焦点をあて肉薄する必要があったように感じる。

妻が亡くなり希望がないと呟いていた夫だが、半年もすると次のことを考えている。一方で、妻は津波で子どもを亡くし、外見からもウツの様相を示していた。震災という未曽有の事態を経ても、人は受け止め方や考え方の違いで生きることができるのだろう。

亡くなった子どもたちには家族もあり、嫁や孫との交流もあったはずであるが、それが全く描かれなかった。夫と妻だけの生活ではなかった気がするのだが・・・。そして新築の家も相続され全く無駄になるわけではないだろう。新築の住宅を遠望し番組は終わったが、ものさびしい終わり方だ。


ディレクタ- 後記
【取材記】「頑張るよりしょうがねえ」桑折さんその後。
2015年03月21日 NHKハートネット

関連記事
スポンサーサイト

コメント

沙織 #-

今日再放送をみました

息子は結婚していなかったのでは??

だから2人しかいなかったのかなと思います。

おじいちゃんには前向きに生きてほしいです

2015年06月13日(土) 01時31分 | URL | 編集


トラックバック

↑