【重要】藤木正三師の想い出

長く療養を続けてこられた藤木師が2015年1月に昇天されました。

藤木師との交流の中で、師から頂いた自筆の便りをいつも手元に置いています。

その細かな字は、藤木師の繊細な性格をよく表していると感じます。

師の残された文書を読むと、背筋がピンと張りつめる心地になります。

「究極的な人生態度」という実に難しい課題を生涯にわたって探求し納得した生き方でした。

むろん宗教には、各人ごとに異なった見方があり一致できない点もあろうかと思います。

ただ宗教の根底に流れている言葉にならない「いのちの働き」を共有することはできるかもしれません。

稀有な言語能力を持ち、卓越した思考力を持った藤木師の残された文書には、その一端があります。

晩年によく引用されたキリスト教詩人・島崎光正氏の詩

   自主決定にあらずして
   たまわった
   いのちの重さを
   みんな湛えている

自分を中心に据えず、与えられたそのままを受け止め、委ねて軽く生きることを願った藤木師は、今や「いのち」そのものになったと言えるでしょう。


教団新報【4819・20号】消息 2015/04/25

藤木正三氏(隠退教師)
15年1月22日逝去、87歳。大阪府に生まれる。55年に関西学院大学院を卒業、同年より暁明(64年千鳥橋、80年西九条と改称)、京都御幸町教会を経て93年に隠退。遺族は息・藤木大三さん。


20150729.jpg



【追記】
朗報となりますが、下記のサイトで藤木正三師の「断想」シリーズ作品を読めます。

サイト管理人・本多 謙さんが書かれていることによれば、藤木師が牧会されていた御幸町教会にあった学生寮に3年10ヶ月お住いで藤木師のご家族とも親交があったということです。

そして「断想」掲載にあたって、ご遺族の了解を得ている旨が記されているので、安心して利用することができます。

本多さんによれば、藤木師を含めた昔の貴重な説教を音声で聴けるサイトを構築したいということである。

このプロジェクトは「断想」シリーズに限定されるのかは不明でありますが、御幸町教会発行版のものを使用しているなど資料的に貴重なものであると感じます。

「断想」に折々触れることは、自らを弁えるための作業として不可欠なものと感じ、今回の文字起こしに感謝するものであります。

藤木正三師の著作集は、中古本市場で僅かであるが出回っているものの非常に高価な価格設定がされており、簡単に入手できる訳ではない状態が近年続いている。

私が、藤木師の紹介を含めて「断想」について想いを書く理由は、これら中古本を読者の方々がどこかで縁あって入手できることを期待するためである。

今回、藤木師の著作の一部でも閲覧できることで、さらに多くの方々の目に触れることを期待するものである。

それから、これも2017年1月に《ウィキペディア》に「藤木正三」の項目が出来たようで汎く利用されることになりそうです。

2017年2月1日 たれプーさん♪


e教会 は良い教会 (ekyoukai.org)  http://www.ekyoukai.org/
 [管理人・本多 謙]

・個別のリンク

 藤木正三牧師の思いで (2017/1/13)
 http://www.ekyoukai.org/FujikiShozo/FujikiShozo.htm


著作集 (2017/1/11)(2017/1/28追加)(2017/4/20追加)(2017/5/3)

① 灰色の断想 【テキスト版】
  http://www.ekyoukai.org/FujikiShozo/HaiironoDansou.htm

② 続 灰色の断想 【テキスト版】
  http://www.ekyoukai.org/FujikiShozo/Zoku%20HaiironoDansou.htm

③ 灰色の断想―神の風景 【テキスト版】
  http://www.ekyoukai.org/FujikiShozo/KaminoFuukei.htm

④ 灰色の断想 福音は届いていますか 【テキスト版】
  http://www.ekyoukai.org/FujikiShozo/Dansou-FukuinnhaTodoiteimasuka.htm

⑤ 教会生活の手引き 教会の職務 【PDF版】
  http://www.ekyoukai.org/FujikiShozo/KyoukainoShokumu.pdf

⑥ この光にふれたら 【テキスト版】
  http://www.ekyoukai.org/FujikiShozo/KonoHikariniFuretara/KonoHikarinaFuretara.htm



関連記事
スポンサーサイト

コメント

愛希穂 #-

初めまして

初めまして。

最近、藤木正三さんのことを知り、検索をしたらこちらのブログに巡り合いました。
『系図のないもの』を読んで、もう目から鱗で、こんな見方があったのだと、教えられ、感動しました。

藤木正三牧師のことを、こちらでは色々と書かれているようなので、少しずつ読んでいきたいと思っています。

2015年11月29日(日) 20時06分 | URL | 編集

たれプーさん♪ #-

コメントに感謝して

投稿に感謝!
愛希穂 さま

『系図のないもの―聖書的独白録』に接して、目から鱗になったという体験をお伝え頂いてありがとうございます。

藤木師の著作から、自分自身にとって納得できるもののみを汲み上げて豊かに膨らませて味わい、人生の力にして頂けたら幸いです。

藤木師の著作は、現在、かなり入手困難で高価であります。ただ、あなたが必要とするならばどこからか与えられることでしょう。

このブログで私が書いてきてことは、あくまでも私の読み方に過ぎません。

ですから、あなた自身が、さらに人生体験に即して納得できることばを見つけましょう。藤木師の凄さは、あなたの人生をさらに深く肯定的に見つめさせる機会となるでしょう。

ありがとうございました。

2015年11月29日(日) 23時13分 | URL | 編集

まりあ #RCqsVfKg

ここにたどり着けてありがたいです。

こんばんは。初めてコメント致します。今日藤木正三さんの「灰色の断想」を購入して、ここにたどり着きました。藤木正三さんがお亡くなりになったこと、全く知らなかったので、とても参考になりました。お陰で「この光にふれたら」と言う本を購入する決断がつきました。本当にありがとうございます。今からこちらのブログもじっくり読ませて頂きます。本当にこのブログにたどり着けて良かったです。これからもどうぞお元気で描いて下さいませ。

2016年09月30日(金) 17時19分 | URL | 編集

たれプーさん♪ #-

コメントに感謝して

まりあ さま

コメント頂いてありがとうございます。

まずもって『灰色の断想』を購入して頂いてありがとうございます。なかなか入手が困難な状況ですが、ココロの中で求めていれば必ずや出会うのが人や本であると思います。

『この光にふれたら』は雑誌連載をまとめたもので、藤木正三師にとっては新たな試みであったものです。藤木師の書籍のなかではもっとも読みやすい砕けた書き方ですが内容は奥深いものです。

私は藤木師と交流する機会を得て、この方の考え方が、キリスト教会に行けなくなった方、そして広くご自身の生き方(究極的な人生態度)を探求される方には触れて頂きたいものであると考えてブログにしております。

ですからキリスト教のみならず、どのような宗教を信じていてもいなくても、自分自身の存在について立ち止まって考えることに、今必要性を感じるならば接して頂ければ幸いです。

『古人の跡を求めず、古人の求めしものを求めよ』(松尾芭蕉)

大切なことは藤木師の書かれたモノで、納得できたことを、あなたの人生で生きることであります。それが藤木師が求められたことであり、こう考えろ!信じろ!ではないのです。藤木師が伝えているもので腑に落ちるものを支えにして、ご自身が生きることに尽きると思います。

このブログは、すでに新規投稿はありません。断想の一部分を抜き出して感想を書いたものであり、生前のことでしたので全文表示するのを避けていました。その点では出典に拠ることをオススメします。

別に書きました通り他のブログに移行して、藤木正三師についても項目を設けてあります。そちらで藤木師の考え方の出発点となり生涯の基盤となった考え方(『灰色の断想』あとがき)について詳しく分析する連載を2016年12月から予定しております。

納得できる断想や文章が一つでもあり、ご自身が豊かにされますように願っています。

2016年10月02日(日) 09時21分 | URL | 編集


トラックバック

↑