<インド>「ヨガ」促進へ大臣を任命…モディ首相

<インド>「ヨガ」促進へ大臣を任命…モディ首相
2014年11月12日 毎日新聞

 インドのモディ首相は9日に行った内閣改造で、インドの伝統的な健康法「ヨガ」の促進などを行う省を創設し、ナイク前観光相を初代大臣に任命した。モディ氏は自身もヨガをたしなむことで知られ、9月の国連総会では「国際ヨガの日」の創設を提唱していた。

 ヨガはインドに古くから伝わる修行法で、紀元前に編さんされた哲学書にも言及がある。独特の呼吸やストレッチなどを通じて心身を整える健康法として日本や欧米でも人気がある。地元メディアによると、新設省はヨガに加え、薬草などを用いる伝統医学アーユルベーダなどの普及も担当するという。

 モディ氏はヒンズー至上主義者として知られ、折に触れインドの伝統を守る重要性を主張。国連総会では「ヨガは世界や自然との一体感を発見する方法だ。生活様式の変化や意識の高まりをもたらし、気候変動への対策としても役立つ」などと演説した。【ニューデリー金子淳】


・もう忘れられているだろうが、前政権の時に伝統医学を評価しようとする厚労省内の動きがあった。それは当時の政権を担った政治家が、こうしたものに関心が髙かったためだろうと思われる。官僚も困ったことだろうが、政治家の趣味だろうが真面目にやらざるを得なかったことだろう。

ただ科学的な評価の定まっていない治療観・治療法も含まれているために、日本では漢方など一部のものを除いて重要視されていない。政権も交代し、その動きも西洋医学側の圧力で立ち消えた。あれは一体なんだったのだろうか!?

上記の記事は、インドの行政制度に詳しくないために、どの程度の話なのかは分からない。前から担当する部門もあったようであり、それが独立するのか!?

それにしてもヨガの促進をメインに伝統医学を推進するということらしい。医療費削減にも効果があるだろうし馬鹿にはできない。何千年も蓄えられている叡智が効果がないわけあるはずもなく、何でも立証を要求する西洋医学とは相いれない場合もある。


ネットで見ると、

公益財団法人 日印協会  月間インド・ニュース(2014年11月分)
 11月9日
 *モディ首相は内閣改造を行い、21名の新大臣(閣僚4名、閣外大臣(専管)3名、閣外大臣14名)が宣誓を行った。新たしく任命された閣外大臣(専管)には、伝統的なヨガの促進を行うMinistry of AYUSHの大臣が含まれ、前観光相のスリバド・ヤッソ・ナイク氏が任命された。


 http://indianmedicine.nic.in/

統合医療プロジェクトチーム (厚生労働省)


参考

スポーツ教室に「お墨付き」=ヨガやダンス、国が認証制度
2015/02/17 時事通信社

 経済産業省は、スポーツ教室の安全性や効果、利用実態を第三者が評価し、インターネット上で公表する「アクティブレジャー認証制度」を2015年度から始める。認証の対象はヨガやダンス、ボイストレーニング、ゴルフなどのレッスン。同省は「教室やジムを選ぶ際の参考にしてほしい」と話している。

 このような運動の内容や効果を審査する国の認証制度は初めて。国民の健康志向を高め、増え続ける医療費に歯止めをかける狙いもある。

 評価基準は、健康産業の活性化策を検討する官民組織「次世代ヘルスケア産業協議会」(座長・永井良三自治医科大学長)が枠組みを策定。一般財団法人「日本規格協会」が審査する。



追記

国際ヨガの日 インドでヨガのイベント
2015年6月21日 NHK

21日は、国連がことしから設けた「国際ヨガの日」です。ヨガ発祥の地のインドでは、ヨガの愛好家として知られるモディ首相が3万5000人の市民らとヨガを披露し、ヨガの魅力を世界にアピールしました。

このイベントは、「国際ヨガの日」に合わせてインド政府が開いたもので、首都ニューデリーの観光名所、インド門に続く長さ1.5キロの大通りの特設会場には、子どもから政治家までおよそ3万5000人が集まりました。

201506210.jpg

はじめに毎朝ヨガを実践していることで知られ、去年の国連総会で「国際ヨガの日」の制定を提案したモディ首相が、「ヨガは単なるエクササイズではなく、争いのない平和な社会を実現するための手段です」と述べ、魅力をアピールしました。

201506211.jpg

モディ首相は、演説だけの予定でしたが、急きょ参加者の先頭に移動し、さまざまなヨガのポーズを披露しました。インド政府は、21日のイベントを、「最大のヨガイベント」としてギネス記録への登録を申請するということです。

14歳の女の子は、「首相と一緒にヨガができてうれしかったです。首相からヨガを続けてくださいと声をかけられました」と話していました。

モディ首相としては、21日のイベントを通じてヨガの魅力を世界にアピールし、インドのイメージの向上や、観光客の獲得につなげたいねらいがあるものとみられます。



集団ヨガで世界記録=3万7000人参加―インド
2015年6月21日 時事通信社

 国連で「国際ヨガの日」に定められた21日、ヨガ発祥の地インドの首都ニューデリーで、政府主催の下、約3万7000人が参加してヨガを行うイベントが開かれた。集団ヨガでは世界最大とされ、ギネス記録に申請された。

 インドのモディ首相は伝統文化の発信に力を入れており、ヨガや伝統医学アーユルベーダなどの振興を担う「アーユシュ省」を新設。国際社会への働き掛けも功を奏し、昨年12月の国連総会でヨガの日の制定が採択された。この日のイベントには首相自身も参加した。【ニューデリー時事】 

【特集】ヨガの世界へ行ってみよう!~セレブも夢中~  http://www.jiji.com/jc/v4?id=201405yoga0001


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑