「神に対する罪」のバチカンを批判 米尊厳死女性の母親が反論

「神に対する罪」のバチカンを批判 米尊厳死女性の母親が反論
2014年11月19日 産経新聞

 尊厳死が合法化されている米西部オレゴン州で今月1日、末期の脳腫瘍を患っていたブリタニー・メイナードさん=当時(29)=が投薬によって死亡したことに関連し、母親のデビー・ジーグラーさんが娘の死を批判したローマ法王庁(バチカン)に反論したことが分かった。

 バチカン側はメイナードさんの死後、「尊厳というのは人生を終わらせることではない。安楽死は神と創造に対する罪である。非難すべきことである」とするメッセージを発していた。

 これに対し、ジーグラーさんは、尊厳死を支援する米団体のホームページで「29歳の娘に肉体的、精神的に襲いかかる激しい痛みを知らない、大陸を隔てた見知らぬ人に非難されることではない」とし、「この批判は、ほほを平手打ちされる以上のこと」と家族の気持ちを記した。

 メイナードさんは今年1月、脳腫瘍と診断され、4月には余命半年と宣告された。当時暮らしていたカリフォルニア州から、死を選ぶ末期患者への医師による薬剤の処方が認められているオレゴン州に転居。10月に入ると発作が頻発するようになり、「夫の名前も言えない痛み」にたびたび悩まされていた。彼女の死をきっかけに、尊厳死の是非に関する議論が米国内外で活発化している。【ロサンゼルス=中村将】


・この問題は賛否両論であろう。尊厳死というよりも自殺と識者の一人は述べているが、その方が説明がしやすい事例となろう。

苦痛を避けるために死んでもいいとなるならば、どうなのだろうか。誰もが一瞬で亡くなることはあるまい。特にがんの末期などは酷い痛みが伴うらしい。その点では鎮痛剤を上手にコントロールすることで対応が可能な状況ではあろう。

昔、BBC制作のドキュメンタリーで人の一生の身体・精神変化を描くものがあった。人間の晩年に出演した老人は、自分の死の記録をテレビクルーに撮らせた。ところが最期の最後の部分だけは撮影を拒んだ。その気持ちの変化は想像できないが、やはり何か厳粛なものを感じた。

11/18に三重県・津市で集団自殺の報道を最初に地元ラジオ放送で知って、この件も報道に埋もれてしまうのかと感じた。ネットの自殺掲示板で情報交換し自動車内で練炭を使用するというパターンである。

またエボラ出血熱では5000人以上の死者を出しつつも爆発的な感染は続いている。

下の新聞コラムあるように、72億4400万人(2014年度版世界人口白書)それぞれに死生観があるというが、人生を選べる状況にない人も多いことだろう。

さまざまな死に方を見ながらも、現実味のあるのは身近な人の死しかない。自分らしく、ただ迷惑をかけないように、苦しみの少ない死を求めることを願いつつも、できるならば自ら選んだ死だけは避けたいという気持ちがする。

ただ死に方は生き方そのものであり、死は恐らく経験することはできないだろう。つまり生き方の問題があるだけであり、生がどこまでも続くという思いがあると納得しやすいとはいえることだろう。

追記
この問題に詳しい会田氏の解説が出ていた。米国のケースは、日本で言われている尊厳死や安楽死というものと少し意味合いが異なる。彼女によれば、「目指すべきは、一人ひとりの生き方と生き終り方を尊重する社会をいかにして実現するかを考えることだろう」とし、現在、国会議員などが計画する尊厳死法が局限するものしか法定できないことに危惧を抱いている。

日本では、用語の混乱もあり統一的な考え方に至っていないのが現状のようだ。米国のケースはやはり医師に幇助された合法的な自殺と解すべきだろう。


参考記事
尊厳死と安楽死 米国人女性の「死の選択」が問うものは? 東京大学大学院・会田薫子
2014年11月15日 THE PAGE

上記記事、用語解説部分
彼女が行ったことは、オレゴン尊厳死法(The Oregon Death with Dignity Act)のもとでの医師に幇助された自殺(physician-assisted suicide、略称はPAS)である。合法的な死の選択であり、オレゴン州の保健当局の報告によると、同法下でのPASが開始された1998年から2013年末までに、752人がこの方法で死を選択している。また、オレゴン州に倣うように、ワシントン州、モンタナ州、バーモント州、ニューメキシコ州でもPASが法制化されている。

上述のように、米国では合計5州で、PASを「尊厳死法」という名の法のもとで行っている。しかし、日本で尊厳死というと、一般には、延命医療を行わずに自然死することを指すことが多い。

では、安楽死とPASの異同はどうか。両者は、死の選択のために致死薬を用いる点で共通している。異なるのは、安楽死では医師が致死薬を注射して患者を看取るが、PASでは医師が処方した致死薬を患者が自分で服用するという点である。つまり、PASの場合は、患者が自分で薬剤を服用可能な程度の体力を有していることが必要になる。

 安楽死はオランダ、ベルギー、ルクセンブルグで合法化されており、ベルギーでは2014年2月に年齢制限を撤廃する法改正がなされた。つまり、小児における安楽死も合法化されたのである。一方、PASを合法化しているオレゴン州等の米国の州では、安楽死は禁止されている。



「忙人寸語」
2014年11月6日 千葉日報

▼麻薬密輸で服役した48歳のダメ息子。出所後、老母が暮らす実家に身を寄せ更生を期すも就職や恋はままならず、几帳面(きちょうめん)な母と諍(いさか)いが絶えない▼ある日、息子は母が民間会社と結んだ尊厳死契約書を見つける。驚き問い詰めると、母は脳腫瘍が進み、独(ひと)り決断したことを明かす。ベッドで末期の薬の処方を待つ母に息子が優しく寄り添う▼2012年の仏映画「母の身終い」は、脆(もろ)いけれど深い親子の絆に心を動かされる一方、身動き取れぬ2人の現実に複雑な思いが残った▼事情は違うが、脳腫瘍で余命半年と宣告され、29歳で尊厳死を選んだ米国人女性、ブリタニー・メイナードさんのニュースに、この作品を思い出した。選択には賛否ある。日本でなら、協力した医師が自殺幇助(ほうじょ)に問われる可能性があるという▼同じ米国で、やはり脳腫瘍で余命約2カ月と診断された19歳の女子大学生バスケ選手、ローレン・ヒルさんが、麻痺(まひ)のある体で懸命に得点し感動を与えた。勇気を持って生を全うすべく立ち向かう姿は、まばゆいばかりだった▼そもそも命は誰のものなのか。生きるとは。そして、死にゆくとは。人それぞれ、72億通りの答えがあるはずだ。ただし、精いっぱい生き、人の手を煩わすことなく、安らかに逝(い)きたい-との願いは万国共通だろう。だからこそ彼女らの姿が、綱渡りの現在を生きる私たちの心に響く。



「編集日記」
2014年11月7日 福島民友新聞

「同じ川には二度と足を入れることはできない」。「万物は流転状態にある」と説いたヘラクレイトスの格言として伝えられている▼紀元前540年ごろに生まれた欧州最初の「隠者」とされる。「涙を流す哲学者」とも呼ばれるのは「無常の擁護者」とみなされたことによる(レシェク・コワコフスキ著「哲学は何を問うてきたか」藤田祐訳)▼川の水は絶えず流れる。このように万物は変化を続けて止(や)まない。生者必滅はこの世の宿命でもある。命が誕生した瞬間、死への旅立ちが始まる。人間をはじめとして生きとし生けるものにとり「老・病・死」からは逃れることができない▼そうだとしても若すぎる死はあまりにも痛ましい。脳腫瘍で余命わずかと宣告された米国の女性が医師から処方された薬を処方して29歳の生涯を閉じた。「尊厳死」の実行宣言によって「死ぬ権利」をめぐる議論が世界で巻き起こっている▼日本では患者を死なせる目的で医師が薬剤を投与したり、処方したりすると殺人や自殺ほう助罪に問われる恐れがある。「生きる権利」と「死ぬ権利」。重い問いを私たちに突きつけている。



「大弦小弦」
2014年11月7日 沖縄タイムズ

誰にでも訪れる「死」と向き合うことが、より良い「生」につながる-。学生時代、哲学者のアルフォンス・デーケンさんに学んだ。対語が矛盾なくつながり納得した驚きがあったのかもしれない。当時のわずかな学びの記憶の中で、今も鮮やかによみがえる講義である▼県内でも「終活」に関心が高い。限りある人生の時間を意識し、今をより自分らしく生きたいと、内なる欲求を再確認するようになったからだろう▼国内にも波紋を広げた記事が胸を離れない。末期がんで余命わずかと告げられた29歳の米国人女性が、安楽死を予告し、医師が処方した薬を飲んで亡くなった▼「死にたくはない。もうすぐ死ぬなら、自分の思い通りに死にたい」とつづっていた。生きていたい気持ちと、最末期に待ち受ける苦しみへの悲嘆との間で、心は揺れ続けていたのかもしれない▼患者の意思を尊重して延命措置を中止する尊厳死とは異なる。日本では医師が自殺ほう助罪に問われかねず、許されないケースでもある。それでも、自分が短い命と宣告され、もし耐え難い苦痛の中にあるなら、家族がそう望んだらどうする、と考えを巡らせた人も多かろう▼女性の決断の是非は軽々に語れない。ただ、悩み苦しんだ上だったにしても、自ら死期を早めることには、やはり胸のつかえが下りない。(宮城栄作)



<津・集団自殺>死亡3人の身元分かる ネット上で知り会う
2014年11月19日 毎日新聞

 津市芸濃町の山中の軽乗用車内で18日に男女3人が遺体で発見された事件があり、三重県警津署は19日、3人の身元を特定した。女性2人は神奈川県平塚市の40歳と茨城県鉾田市の18歳、男性は大阪市住吉区の49歳で、いずれも職業不詳。死因は一酸化炭素(CO)中毒。ほかに意識不明の重体で見つかった1人は奈良県生駒市の男性(45)だった。

 同署によると、4人はネット上で知り会い、練炭を使って集団自殺を図ったとみられる。【永野航太】


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑