介護主夫始末記:冷凍食品の威力

† 冷凍食品のイメージに割高・美味しくないというものがある。しかし利用されている方は分かるが便利で美味しくなったことで欠くことのできない食品として認知されているようだ。利用実績は冷凍うどんが一位である。日本冷凍食品協会の広報担当者によると、-18℃以下の冷凍室に保存し料理時にそのままチンすることが大事で、スーパーなどで購入後は一目散に帰宅し保存することが美味しさを保つことだという。また冷凍庫内の温度管理のために、冷凍食品を多く入れて開閉回数・時間を減らすこと。

‡ 冷凍食品に限らず、調理しやすい・食べやすい食品の研究・普及は超高齢化社会になり広まっている。食事は生活の基本であり生きる活力を与える。生活スタイルに合わせて活用すれば便利に使え、食べることに関心が深まることは間違いないだろう。


世の中面白研究所 「ここまでやるの冷凍食品」
2014年10月27日 NHKラジオ第一放送 午後8時05分~午後8時55分
<放送概要>
小堺一機所長が、世の中の早い流れを探る。今回は冷凍食品がテーマ。最近冷凍食品が様々に進化して消費が伸びているとのこと。その実態を阿佐ヶ谷姉妹の2人が調査。協会でのレポートや、スタジオでの冷凍食品の試食、替え歌などを披露。


日本冷凍食品協会  http://www.reishokukyo.or.jp/

統計資料データPDF版 平成25年統計データ
http://www.reishokukyo.or.jp/25sokuhousiryou

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑