人生いろいろ:必ず安くなると言われてプロバイダ変更

† 毎月使用するものの価格が安い方がいいだろう。特にインターネットのプロバイダ契約に関しては長期契約で安価に値段設定してあるものもあり、名前の知れたプロバイダならばサービスに問題はないだろう。安いモノならばサービスが悪いとも言えず選択眼が必要である分野である。

‡ 以下のような事案で怖いと思うのはパソコンに精通しない人が相手の指示のままに操作することで、知らない間に操作されてしまう可能性があるだろう。いろいろなオプション設定をつけたりすれば使わないサービスが高価になるだろうし長期契約にすれば違約金も発生する。クーリング・オフ制度がないらしいのでくれぐれも慎重に判断し利用をされたい。


見守り新鮮情報 第201号      平成26年10月6日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  「今より安くなる」?遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘に注意

「今契約しているプロバイダより、必ず安くなるから乗り換えませんか」と電
話で勧誘され、承諾した。その後、業者の電話による指示に従い、パソコンで
プロバイダのホームページ画面を開くと、遠隔操作でプロバイダの変更が行わ
れた。変更後、これまで契約していたプロバイダの料金を確認すると、新しい
契約先のほうが高額になることが分かった。解約を申し出たが「きちんと説明
している。解約には、違約金1万5千円が必要」と言われた。(60歳代 男性)

<ひとこと助言>
☆電話で大手電話会社名をかたるなどして、インターネットに接続するための
 プロバイダ契約の変更を持ち掛け、遠隔操作で設定変更をする勧誘方法に関
 する相談が急増しています。
☆「今より安くなる」などと勧誘されても、契約前に契約内容に関する書面を
 求め、はっきり理解できなければ、承諾しないでください。
☆知らない間にオプション等を申し込んだことになっているケースもあり、注
 意が必要です。
☆プロバイダ等の契約は、法律上のクーリング・オフ制度はありません。困っ
 たときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑