心の泉5

「精いっぱいに生きる日がもう一日与えられているとは、なんと幸せなことだろう」(アントニー・デ・メロ)1-400

I am fortunate indeed !  I have been granted the wealth of another day of life.

・目が覚めると自動的に一日が始まります。そして目を閉じると一日が終わります。人間はそれを繰り返して生きています。そのなかで生きることが当たり前になると日々が虚しくなります。同じ繰り返しに意味があるのだろうか、今日も同じことばかり…。でも、今日という日は二度とないのも事実です。昨日と全く同じということはありますまい。もう一日精いっぱいに咲きましょう。もう一日という発想が大切だね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑