同性愛行為にむち打ち刑=州議会で条例案可決-インドネシア・アチェ

同性愛行為にむち打ち刑=州議会で条例案可決-インドネシア・アチェ
2014/09/27 時事通信社

 インドネシア北西部のアチェ州議会は27日、同性間で性的行為に及んだ者をむち打ち刑とする条例案を全会一致で可決した。

 条例案では、同性愛行為に最大100回のむち打ちが科されるほか、配偶者以外と性交渉を持つ姦通(かんつう)罪もむち打ちの対象となる。イスラム教徒以外や外国人にも適用される。

 アチェ州は特別自治法に基づき、イスラム法(シャリア)の施行が認められ、むち打ち刑は2005年に導入された。09年には姦通罪を犯した者を石打ちによる死刑とする条例案が州議会で可決されたが、州知事の反対で実施は見送られた。【ジャカルタ時事】


・イスラム教徒以外や外国人にも適用とあり注意も必要だろう。

独立運動のあったアチェ特別州だが現在はインドネシア政府より厳しいイスラム法による司法制度を持っている。特別州のほぼ全ての人がイスラム教徒でありできることだ。


20141001.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑