「悪魔崇拝させて」矯正施設収容の男、1500万円の慰謝料求め提訴

「悪魔崇拝させて」矯正施設収容の男、1500万円の慰謝料求め提訴
2014.9.26 産経ニュース [世界仰天ニュース]

 米ニューメキシコ州の矯正施設に収容されている男(64)が、施設内で悪魔崇拝をさせてもらえないとして、約14万ドル(約1500万円)の慰謝料などを求め提訴した。米メディアが伝えた。

 ストーカー行為で収容された男は、祈ることを許されず、信教の自由が侵害されたと主張。施設側の担当者は「あらゆる信仰を尊重している」と述べた。(共同)


・訴訟社会アメリカならでは話題だろう。64歳ストーカーで悪魔崇拝者が1500万要求という。けったいな人物らしいが単に話題作りなのだろうか!?

日本の刑務所は世界的にも快適らしいが、一部生活上の制限はある。この悪魔崇拝がどのようなものか分からないが、矯正施設としてもどのようなものか判断ができなければ認めることも難しいのだろう。

それにしも短い外信からは想像力が高まるような!?意外な話題や単なる人騒がせと思わせる話題もあるのが人間社会なのだろう。ただ事実なのかどうかは分からず、やはり仰天ニュースのようなコネタとして扱うべき類のものに過ぎないだろう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑