占いサイトで840万詐欺被害 神戸・垂水の女性

占いサイトで840万詐欺被害 神戸・垂水の女性
2014年9月20日 神戸新聞

 20日午前、神戸市垂水区の50代パート女性が「占いサイトを利用して2年間で約840万円をだまし取られた」と垂水署に届けた。

 同署によると、女性は2012年8月ごろ、姓名判断のサイトに登録。当初は診断結果が無料で届いていたが、途中から「続けるにはポイント購入が必要」と指示され、指定口座に現金を振り込むようになった。

 その後、女性が「お金がもうない」と連絡すると「余命がわずかであなたに全財産を託したい。お金を譲るには手続き費用がかかる」などのメールが届いたという。

 女性は消費者金融や知人から借金を繰り返し、今年7月までに百数十回にわたり入金を続けたという。同署が詐欺容疑で捜査している。


・この事件の詳細は不明だが、ネットで調べてみると「電話占い」というものがあり、トラブルも起きていることが分かる。電話で占い師と個別に相談し、相談料が発生するサービスである。占い師を仲介する業者があり、直接占い師に電話できるわけでなく、その際に様々な金額が要求されるようだ。

ただ記事を見ても、オカシイと気づくことはできたはずであろう。私は占いの類は全くタッチしていない。占いを生業とする方は、あくまでも相談業の一種で霊能者というような特殊な能力を備えているとも思っていない。

日本ではいわゆる心理カウンセラーというものが非常に曖昧な状態であり、臨床心理士のような大学院レベルの教育を受けている人たちがいる一方で、あやしげな団体・個人が心理の基礎を教えて紛らわしい名称を名乗れるような講座・セミナーが多い。また自称・カウンセラーと称する人たちも多い。

心理分野の国家資格がないための混乱とも言えようが、こうした相談に対するニーズに金銭を払うという意識が乏しいこと、それに代替としての宗教や占いなどが盛んで、そちらにお客を奪われているということだろう。

構造としては、占いも心理学も一定の理論をもとに応用し、人間の深層心理を客観視させることでクライアントの不安を軽減させるという共通の目的がある。心理学というものも学者の数ほど理論があるわけで、それは占いも種類があり流派があるのと同じだろう。

大事なことは心理カウンセラーも占い師も、悩む人に代わって問題を解決することはないこと、そして悩む人の弱みを握られることでつけ込むことも可能だ。ただ、それぞれに職業倫理があれば秘密は守られるだろうし高額な料金は発生しないはずだ。

悩みを抱えている場合に、気持ちを聴いてもらい必要ならアドバイスももらえる存在はありがたい。ただ、そこに金銭が発生したり依存してしまうことになれば本当の解決につながらない。本当の解決とは本人が悩みから一時的に離れ客観的になり、自らの方法・能力で問題に対処するように取り組む姿勢を持つことだろう。

ちょっと前に、ただ愚痴を延々と聞いてくれる電話サービスが流行っているという記事があった。相談すら必要もなく、ただ愚痴を誰かに伝えるだけでストレス発散や自己の安定、気づきがあるのだ。

怪しげな占いやオカルト、宗教に関係しなくても心身の平衡を取る手段はあろう。ただ多少は何をするにしても出費は必要であることは違いない。その費用が日々支払える金額でありストレスがなければ続ければいいだけだ。

この被害女性だが、恐らく詐取されたものは戻ってこないだろうし、借金問題を抱え友人関係も破綻しさらに裁判を抱えることになるのかもしれず、より大きな問題を抱えてしまったことになる。

頼りになる正確な情報、信頼できる友人・知人、支えてくれる家族、こんなところが大事であろうか。公的機関では、国民生活センターや法テラス(日本司法支援センター)が活用できる。


国民生活センター  http://www.kokusen.go.jp/

法テラス  http://www.houterasu.or.jp/index.html

関連
[電話占い]「初回無料を謳う広告にご注意ください」(平成24年12月12日) PDF
NPO 日本電話卜占業協会

(株)キキウェルの電話サービス「聞き上手倶楽部」 http://kikiwell.com/tel.html


無料占いのはずがいつの間にか有料に!
2013年5月13日 国民生活センター

質問
 無料占いサイトを試したら、鑑定結果が次々送られてきました。聞かれたことに答えを返信していたら、いつの間にか有料になっていて、請求額が高額になっていました。やめようとしても、続けるよう強く勧められています。

回答
 別々の占い師から同じ内容のメールが届く、なかなかやめさせてもらえないなどの場合があるようです。「無料」とうたわれていてもうのみにせず、何が無料なのか、いつまで無料なのかといった条件を確認する必要があります。

解説
 「最初は無料でも、気づいたら途中から有料になっていた」といった占いサイトに関する相談が寄せられています。利用のきっかけは携帯電話に届いた迷惑メールから、というケースが多く、迷惑メール等への返信は禁物です。

 「無料」と表示されていても、むやみに登録せず、利用規約等に必ず目を通し、費用や内容等を確認しましょう。不審な点や不安を感じたら、お近くの消費生活センターに相談してください。



関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑