「岩窟めぐり」で転落死か 大阪の神社で女性死亡

「岩窟めぐり」で転落死か 大阪の神社で女性死亡
2014年9月21日 朝日新聞

 20日午前11時55分ごろ、大阪府交野市私市(きさいち)9丁目の磐船(いわふね)神社で、大阪市平野区加美東5丁目、介護士井崎真由美さん(42)が敷地の岩場で倒れているのが見つかった。頭を打っており、搬送された病院で死亡が確認された。同神社は岩場を歩く「岩窟めぐり」が「秘境スポット」などとして知られる。府警は井崎さんが岩の間に落ちたとみて調べている。

 交野署によると、井崎さんは、高さ約2メートルの岩の間にかけられた丸太橋(幅約20センチ、長さ約1・7メートル)の下で見つかった。井崎さんはこの日午前10時20分ごろに1人で入り、出てこないため宮司が捜していたという。

 磐船神社によると、岩窟は修験者の行場で、1933年に一般にも公開された。歩いて約20分のコースで年間約5千人が訪れるという。約10年前に参拝客がコースを外れて転落死する事故があったという。西角明彦宮司(50)は「安全対策を施すまで閉鎖する」と取材に述べた。


・下記の動画を見ると岩場を巡るコースで単独で入って事故を起こした場合の対応が難しい。

注意事項は決められているようだが、ヘルメットやサポーターは装着する必要はないようだ。


磐船神社  http://www.osk.3web.ne.jp/~iw082125/index-j.html


VOICE「週末なび」磐船神社岩窟めぐり

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑