NHKスペシャル「臨死体験 立花隆 死ぬとき心はどうなるのか」

NHKスペシャル 臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか
2014年9月14日 NHK総合

『私』という存在は死んだらどうなるのか、死ぬとき『私』は何を見るのだろうか――。 20年余り前、臨死体験について徹底的に取材し考察を深めてきたジャーナリスト/評論家立花隆さん。74歳を迎え、がんや心臓の病を抱えて死を間近に感じる今、再び臨死体験の最新研究の現場を見つめ、“死”について思索しようとしている。

死の間際に一定の人が見る臨死体験。臨死体験が世界で注目され始めた1980年代以来、その解釈としては、脳内現象として科学で説明できるとする「脳内現象説」と、肉体が死んでも“魂(もしくは自我を感じる「意識」)”が存在し続けるという「魂存在説」―――これら二つの説が互いに相容れない、激しい議論が続いてきた。

そうした中、立花さんは新たな臨死体験の掘り起こしをすると同時に、そもそも「意識(魂)」と呼ばれているものの正体とは何なのか、最新の脳科学・心理学・哲学にいたるまで、徹底した取材に基づいて正面から挑もうとしている。

科学的に見て、死後の世界があると言える余地はどれくらいあるのか。死後の世界がないとしたら、『私(自分)』という意識(魂)はどう生まれどう消えていくのか。私たちが当たり前と思っている『私』という存在はいったい何なのか。

有史以来、人類が答えを追い求め続けてきた生と死にまつわる壮大な謎―――その謎に挑む立花さんの思索の旅を通じて、大震災や紛争などで多くの命が失われる今、命や『私』の存在する意味を考える。

【出演】立花隆
【語り】上田早苗
【声】坂口芳貞,石田圭祐,清水明彦,村治学,山本郁子,名越志保
【ディレクター】岡田朋敏


・73分構成

知の巨人として一世を風靡した評論家・立花隆さんも74歳でガンの再発!?という状況もあり、再び臨死体験の取材を行った動機として理解できる。

NHK的には思索ドキュメントと銘うっているように、純粋に科学報告でもドキュメンタリーでもない、このあたりが巧妙である。つまり一個人の思索という立場で批判を回避する意向だろう。こうした内容は当然に死後の世界を信ずる団体・個人からのクレームがあり好意的に見られないと予想はできる。

全体的な印象であるが、前半部分は他の番組でも紹介されていた知見であり新鮮味はなかった。後半部分は、ここ近年の研究の成果が反映されて面白かった。

臨死体験の難しさは、他の神秘的な現象と同じく経験された方の圧倒的な思いが反映されている。それが科学者や医師、または過去に否定的な見解を述べていた人が反転して肯定的に語ることがあるのでより難しい。それほど圧倒的な経験は、恐らく訂正不能つまり確固としたものとして、しかも非常な肯定的体験であるゆえに受け入れらる素地がある。半ば宗教となる弊害もあろう。

一連の臨死体験から、神や大きな存在を知り、半ば伝道師のように死後の世界を確信するところは同じである。立花さんが宇宙飛行士の体験をまとめた時に、宇宙に行って神や大きな存在に目覚めるということと軌を一にしている。

私の立場は、そうした現象があることを認めつつ、それと人間の生態・脳がどのように関与しているかということを知りたいということだ。番組では脳が活動停止に陥っているときに、臨死体験をしていることで、あの世や霊といったものがあるという印象を与えてしまう。ただ立花隆さんもインタビューで語ったように、その時の記憶が残っているということは脳が一部でも活動していたはずはずなのではないだろうか!?

見ていて偽りの記憶というテーマがあったが、これは冤罪事件で問題になる目撃者証言の信用性と同じ構造であると分かる。つまり人間は容易に記憶を改編する生物なのだということだ。脳内に蓄積された情報の統制がとれている時はいいが、それが何かのはずみごちゃまぜになると、自分の体験なのか、映画で見た一シーンなのか、小説で読んだ一節なのか、単なる夢の記憶か想像なのか・・・その確証は頭の判断でしかない。

そして人間の最期の瞬間には、痛みを抑えるような生体反応があるらしいということで、そのための快楽物質も放出され心地よい中で最期を迎えるという脳内のメカニズムがあるということ。こうしたことだけで人間は救われているように感じる。それを天国を見たと表現しても間違いではないだろう。

では全て脳内現象で説明できるのかといえば、それほど科学が極めているわけでないことは十分に理解できる。なぜ生きているのかは科学の範疇ではないのかもしれない。結論的に言えば、それぞれが死の時に経験できるので、それが真実だと言えばいいのだろう。生が各自違っているように生の延長である死の際にも同じことがあってもおかしくない。

立花隆さんの見解がどこまで、その意を尽くしているのかもある。一つの番組として構成されていく過程でさまざまな人が関与し、補正がされていく。極端な見方を避け、両論に配慮しつつ批判的な見方も入れるという作業の中で自ずと出来上がってしまうものもある。

生前、大島渚監督が民放テレビの心霊現象を語る番組で、霊のことに関してはあるともないとも言ってはいけないと力説していたことが脳裏に残っている。

人間は極端から極端へと考え方が推移する傾向があり、科学すらも扱い方次第で間違った方向に行ってしまう。番組の終盤に登場した教授の言葉は印象的だった。つまり科学は現象の科学的説明することはできても、そもそも、その現象がなぜ起きるかは分からないということだ。

意識は死後、残るのか消えてしまうのか。そして意識という情報の重層構造を持つもの、それが動物であっても機械であっても意識は存在するのではないかという意識研究者の問いは面白い。人間のみに意識があるということには疑問があるとするのもその通りかもしれない。

宗教を信じる人の多くは死後の世界や輪廻転生、天国の存在等を肯定している。そうした人にとっては、この番組は胡散臭いものと映ることは間違いない。それは宗教が一番の不安に肯定的に答えを出しているからだろう。それが宗教というものだ。

一方で、生物としての人間を研究することで人間の持つ複雑さを超えて、自然・環境のメカニズムを知る時に正に神秘としか言いようのない素晴らしさに驚嘆することは間違いないだろう。それを正に神と呼ぶ科学者もいるだろう。

この番組の90分前に、たまたまNHKダーウィンが来た!「特技はかくれんぼ!謎の鳥ヨタカ」を見ていたが、ヨタカの生態で特に子どもを守りながら育てる苦労は涙ぐましいものがある。

人間は生物進化の過程で、意識を獲得し道具を発明し自らの存在意義をも問うている極めて特異なものだ。ただ、それだけで人間は万物の長ではないし自然・環境という厳しい制約下で限られた人生をまっとうするだけのものに過ぎない。人間だけが素晴らしいわけではないだろう。

イノチを与えられた人間の生命現象は実に奥深く驚嘆すべき発見の連続であり、これは神の手による完璧な作品だと見做す立場もあろう。また過酷な生物進化の過程で生きるために獲得した試行錯誤の結果であるとも言えよう。

はっきりしないことをいくら考えても結論がでるはずもなく、既成の理論で解決する問題でもない。ただ誰もが近い将来に確実に経験することなので、そこまで待てばいいだけである。その前に、やるべきことが考えることが山ほどあるのが人生なのだ。

それよりも分かっていないことを、さも分かっているように装い人間を欺く組織や人々がいて惑う人をカモにして荒稼ぎしていることが始末に悪いことだ。ずっと気になっているのは自爆テロという行為であり、それをそそのかす人たちは、死んだら(自爆した瞬間に)天国にいるという詭弁である。宗教の正と負の側面を知り、イノチを大切に扱って頂きたいことが私の立場である。

いじみくも脳死体験者たちが、圧倒的に生きていることの幸せに気づいたごとく、そちらの世界があっても人間を呪ったり不幸に陥れることはゆめゆめないと思っておけばいいだろう。そちらの世界は幸福感が充満しており人を呪ったり恨んだりする雰囲気は皆無なのだから。それからしても悪という要素がなくなってしまうことは興味深いことだ。

例え死後の世界や霊界があろうとも、今生きている時をないがしろにする理由にならず、今を充実することが結局は道理であることになろう。あるなしの問題を超えた現実的な課題である。

最近はテレビ番組内容をまとめてるサイトがいくつもあり、この番組も映像以外の文字情報として読むことができる。ほぼ忠実な要約で、意見・感想は入っていない。


参考  外部リンク
臨死体験 死ぬとき心はどうなるのか(NHKスペシャル)
2014/09/14 テレビまとめ


追記
この番組を見た方が、脳が機能しなくなっていくことを自ら体験した科学者の体験を紹介している。それによると自と他の区別がつかなくなっていくという。つまり境界がなくなり混然と一体化し、それは強固な自我が崩壊するとも言えるし宇宙と一体となるとも言えよう。ただ、その際には他の意思疎通の必要もなくなり言語すらも存在しない。つまり自分が自分であるという意識すらない状態とも言え、そのような状態を良しとできるのか。

自我があって自分らしさが出てくるわけだが、そのために悩み・苦しむのが人間である。自我がなくなり天真爛漫な状態となってもそれが幸いなのだろうか。イエスは、子どものようになりなさいと教えられた。それは大人が自分自身を装ってしまうことに奔走して自分本来を忘れていることに対する警告だろう。つまり子どものような純真さと大人の分別を持ち合わせた生き方が理想ではある。

いろいろな生き方があり死に方がある。強いて生きること、死ぬことを選択せざるを得ない人たちもいる。選択すらできない人の方が多いのかもしれない。それでも、それも大きなイノチの働きと思えるならばもっと冷静に自分の人生を見つめられるのかもしれない。人生ははかないから面白い。

追記
前記の内容は、以下の女史のことだろうと思われる。左脳、右脳の働きとつながりから人体の神秘並びに人間の与えられた環境を考察できるかもしれない。


TED 外部リンク
Jill Bolte Taylor's stroke of insight 「脳卒中を語る」

脳卒中に襲われ、自分の脳が情報処理能力を失っていくのを体験した脳科学者が、その貴重な体験から得たものとは?

Jill Bolte Taylors (ジル・ボルト・テイラー)
 神経解剖学者。脳の解剖と機能分析を専門とし、現在は脳科学についての啓蒙・教育活動を行っている


ジル・ボルト・テイラー博士は、脳科学者なら願ってもない研究の機会を得ました。広範囲に及ぶ脳卒中の発作により、自分の脳の機能(運動、言語、自己認識)が、1つひとつ活動を停止していくのを観察することになったのです。

人間の脳は、右脳と左脳の二つに分かれている。右脳がイメージや感覚的な理解に優れている一方で、左脳は自意識や論理的思考、そして言語機能を司っている。1996年のある朝、テイラー博士は脳卒中に襲われる。左脳の血管が破裂し、徐々にその機能が失われていくのを、博士は科学者ならではの視点で観察する。そして、左脳が機能不全になることにより、右脳が作り出す幸福感に満ちた世界を体験する。その体験から、人間は右脳の世界をもっと探求すべきだとメッセージする。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑