聖トマス大教授ら、解雇無効など求め提訴 地裁尼崎支部

聖トマス大教授ら、解雇無効など求め提訴 地裁尼崎支部
2014年9月16日 神戸新聞

 在学生がゼロの状態が続いている聖トマス大学(兵庫県尼崎市)の教授と准教授の4人が、大学側から一方的に解雇を命じられたとして、16日までに大学を運営する学校法人「英知学院」に対し、解雇無効などを求める訴えを神戸地裁尼崎支部に起こした。

 訴状などによると、大学側は4人に4月末での合意退職を提案。応じなかったため、5~10月末までの休業と10月末での解雇を命じたという。

 同大学は1963年に英知大学として開学したが、定員割れが続き、2010年度から新入生の募集を停止。新学部設立を目指したものの、今春断念していた。

 16日に尼崎市役所で会見を開いた4人は「これまでの経緯や大学の今後について説明もなく、一方的な解雇」と訴え、解雇無効と、休業期間中に支払われるべき給与との差額など計約2180万円の支払いを求めている。

 同大学は「内容は訴訟の場で明らかにしていく」としている。(吹田 仲)


・以前にまとめた聖トマス大学だが、在校生がいない状態でも教職員らは一部だろうが残っているようだ。卒業生向けの証明書発行などは継続されている。

大学経営は非常に難しい時代になっており、煽りをくらって大手予備校である代々木ゼミナールが大幅に経営を縮小したのは最近の話題である。

上智大学もよい名称だし、旧名である英知大学の名称もいい。傍から見るとちょっと恥ずかしい感じもするが、智慧を求める姿勢は求道的でキリスト教系学校には相応しいかも。


キャンパスに学生ゼロ 14年春 尼崎・聖トマス大学
2014/1/21 神戸新聞

 聖トマス大学(兵庫県尼崎市)で2014年度、在学生がいなくなる可能性の高いことが20日、分かった。10年度に新入生を募集停止し、在学生1人が今春卒業を見込む。同大学は11年の学部新設申請書類虚偽記載により、14年度まで新設できず、再建に向け、15年度の看護学部(仮称)新設を目指す。

 同大学は1963年に英知大学として開学し、2007年に現校名に改称した。現在は人間文化共生学部のみで、定員割れによる赤字で10年度から新入生の募集を停止。12年度に国際教養学部と健康科学部の新設を計画したが、11年8月、申請書類の不正や不備が判明、新設を認可しない処分を受けた。

 このため、現在は在学生が1人だけ。この学生が3月に卒業見込みで、在学生がゼロになる。

 同大学法人事務局によると、新設予定の看護学部は定員100人。「近隣高校生への調査などからニーズがあると判断した。看護師不足が社会問題化する中、地域に貢献できる人材を輩出したい」とし、5月の申請を目指して文部科学省と協議を進めている。

 同大学は、新学部設置や赤字解消の財源として、11年に敷地の4分の1(約1万平方メートル)を、13年には約6千平方メートルを売却した。

 文部科学省は「存続についてどう考えているか大学側に聞いた上で(学部新設認可を)判断する」としている。(霍見真一郎)



聖トマス大、学生ゼロ 来春の看護学部新設断念 兵庫
2014年5月21日 朝日新聞

 4年前から学生の募集停止が続く聖トマス大学(兵庫県尼崎市)が、存続の危機に陥っている。学生はこの春でゼロになり、生き残りをかけて計画した来年4月の看護学部新設も断念した。大学などへの取材でわかった。

 聖トマス大は学校法人英知学院が運営する4年制大学。1963年に英知大として開学し、2007年に現校名に改称した。

 しかし、唯一の学部である人間文化共生学部(旧文学部)の定員割れが続いたため、10年度から新入生の募集を停止。今年3月に最後の学生が卒業し、在校生はいなくなった。(宮武努)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑