今こそ「ロメ・ジュリ」を聴け!

今こそ「ロメ・ジュリ」を聴け!
2014年9月9日 HMV Web連載
許光俊の言いたい放題 第235回

 暗い8月だった。
 平和な生活を一夜にして地獄に変える天災。
 世界各地で起きている殺し合い。
 突然発病して命を奪う謎の伝染病。さらにそこから生まれる社会的な悲劇。
 まったく気が滅入るニュースばかりだった。
 被災地に駆けつけるボランティアもいるが、火事場泥棒もいる。残酷に人を傷つけ殺す人間もいれば、自ら志願して伝染病の治療に携わる人たちもいる。その落差には途方に暮れるしかない。

 いずれにしろ、自分が今日1日を平穏に暮らすことができたのは、ラッキーなそしてはかない偶然にすぎない。それを繰り返し痛感させられた8月だった。
 
 中東での争いを伝えるやりきれないニュースを見ながら、私の頭に何度も何度も浮かんできたのは、プロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」の終曲だった。シェイクスピアが原作を書いたのは1600年の少し前。つまり、日本でなら江戸時代が始まる直前。天下が定まったようでいてまだ波乱があった時代。武将たちが際限なくいくさを繰り返した時期からさして時間が経っていなかった。たまたまそのころ、シェイクスピアは遠く離れたイギリスであの話を書いたのだった。

 憎しみは憎しみを呼び、きりがない。それをシェイクスピアは400年前に書いた。悲しいことに、人間はそのころとあまり変わらないようだ。それだけにプロコフィエフの作品の大詰めが私にとっては異様な迫真性をもって響くのである。

(中略)

 いつの日か、本当に平和な時代がやってきたとき、「ロメオとジュリエット」は、古臭い昔話として笑い飛ばされるようになるかもしれない。しかし、この劇、この音楽がリアルに感じられる時代は、残念ながらまだまだ続くに違いない。
 (きょみつとし 音楽評論家、慶応大学教授)


・クラシック音楽を聴く際に頼りになる評論家の一人が、この先生であり、外資系音楽CD輸入会社HMVの最新連載記事である。

むろんクラシックCDの紹介と評論なのであるが、その前後に書かれている嘆きを読みながら、同年代の彼も世情に憂いていることがひしひしと伝わってくる。

私はいちいち細かい事象について述べる気持ちもないし能力も乏しいが、こうした文章を読むと人間の抱えている問題、そしていわゆる古典と言われるものが伝えている主題が時代を超えたものであることに気づかされるだろう。

シェイクスピアはよく分からないが、その偉大な戯曲からは救いようのない人間の性が描かれていることは推測できる。有名なロメジュリだが、悲劇の結末を受けて二人の対立する一族同士は果たして本当に和解できたのであろうか。

広島の土砂災害時にも空き巣や義援金詐欺が相次いで確認されているという。盲導犬を傷つけたり、盲学校女生徒に足蹴りをしたりと、本当にどうなってしまったのかと思う。

そして私も含めて今日一日無事に生活できたこと、まともな食事といくらかの楽しみが果たせたことをもっと喜んでもよいのかもしれない。



Prokofiev - Romeo & Juliet - Juliet's Funeral And Death



宮崎 哲弥 & 許 光俊 - 教養ってなに

関連記事
スポンサーサイト

コメント


↑