介護主夫日記:生活用具の工夫から

† 福祉用具や住環境の勉強もしたので介護生活用品に関しての知識は豊富であると思っている。ただ要は費用の問題だけになってしまい、高額なものは買えないという要請からすべて出発していく。他人の家庭に入ってサービスする機会はめったになかったが、それぞれに工夫されているだろうとは思っている。本人に合わせて微調整することが大事だろう。

‡ 調べてもらうと分かるが日本の福祉用具はバカ高い。100均などで同じような商品を売っているのだが数千円もすることはざらにある。またさらにオーダーメイドにすれば桁があがることだろう。できれば主婦の知恵、旦那のDIYで一工夫することを期待したい。介護本人が健康な時に、私が購入してきた玄関踏み台を2台買ってきたときに本人が一台の足をのこぎりで切ってつなげ緩やかな段差解消踏み台になり現在も重宝している。完璧な環境などが既製品でできるはずはないだろう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑