Wikipediaの病気についてのページは、90%が間違い:米医師調べ

Wikipediaの病気についてのページは、90%が間違い:米医師調べ
2014年6月10日 ワイヤード

研究者のチームが、アメリカで最も広まっていて最も費用のかかる10の病気についてのWikipedia(ウィキペディア)の記事を評価した。同時に、フリー百科事典で知識を得る同僚たちに警告を発している。


医療分野の情報を求めるあらゆる人にとって、ウェブは正真正銘の「救急キット」となった。

その結果として、ウェブサイトを見て回った挙げ句、指先の軽い痛みから自己診断して治療不能の病気だと結論づけてしまうようなヒポコンドリー(心気症)の人々がいることも否定できない。

そこでアメリカの医師のグループがはじめたのが、デジタル百科事典の代名詞的存在、Wikipedia上の医学に関するページの信頼性を評価し、判定を下す取り組みだ。

「Journal of the American Osteopathic Association」で公開されたこの研究は、数多ある病例のなかでも、治療や診断に費用のかかる病気のいくつかを扱った、10のページについて考察を行った。

10のうち9のケースに、間違いや欠陥があった

結果としてわかったのは、「脳しんとう」についての記述のみが、正確で満足のいくものだったということだ。一方、糖尿病、高血圧、腰痛、虚血性心疾患、肺ガン、脂質異常症、鬱病、慢性閉塞性肺疾患、変形性膝関節症に関する記事は、主要なマニュアルや最新の科学的発見と比較すると、重大な不一致があることが明らかになった。

研究者たちのチームは、こうした結果をもとに、医学的情報を求めてウェブを探し回るときには最大限の用心をしなければならないことをあらためて強調した。

しかし話はそれだけではない。というのも、このメッセージは、彼らの同僚にも向けられたものなのだ。実際、最近のある調査では、アメリカの本職の医師の47%と医学生の70%が、仕事上の(つまり、医療行為に関する)問題について、折にふれWikipediaを参照していると言われているのだ。


・フリー百科事典《ウィキペディア》はネット上で調べものに活用されて大変に重宝だ。ただ経験的に分かることだが、自分が精通しているものを見てみると大きく勘所を外したものもある。《ウィキペディア》では、出典を明示するようにとか、これは個人的な研究であると表記してあるものも多い。

それが単なる一般知識ならば問題はないだろうが、上記のように医療知識であったならば混乱を生ずることは予想される。《ウィキペディア》に最新の研究成果掲載を期待するのは無理としても、明らかに客観性を欠いたものを排除しないと事故にもつながりかねない。

ただ健康情報については、いろいろな学説や見方があり統一的なものがないとも考えられそうで簡単に情報を選別し提示することはそもそもできないというべきだろう。医学系については信頼できる百科事典がネット上でも医学系出版社から出ており、そちらのほうがスタンダードな治療指針を得られるだろう。

個人が開設しているブログに記載されていることが事実に基づいていることなのか判断は難しい。私も個人的な判断で参考にしコピペするが、内容については常に自分のブログ記事には気を使っている。

少しでも納得できない内容があれば比較衡量してみるべきだろうし、分からなければ留保する勇気が必要となる。ネットには編集者はいないとされてきたが、それが自由の象徴であるゆえに個人の判断責任が重いメディアなのである。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。