神の風景-人間と世間-123

「常識とは、時と所と人を超えた、人間らしさの約数ではないでしょうか。侮るにはあまりに重く、むしろ心すべきものです」(藤木正三)2-145常識

・常識にもいろいろあります。この場合は生きることの制約でしょう。ただ、○○の常識は世間の非常識と言われているものがあります。その常識がホントの基準であるかを見極めたいものです。人を縛るためにある常識に注意したいものです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑