神の風景-人間と世間-122

「色々な宗教があります。似ている点もあり、違っている点もあります。その為に、相違点を強調し、自分の信じる宗教の独自性、更には唯一性を主張することになるのですが、共通点をこそ大切にしましょう」(藤木正三)2-144諸宗教

・宗教を花に例えると、自分だけが本当の花だと競って咲いているわけではないと藤木師は語ります。桜だけが花ではありませんね。雑草にも生命力を感じます。いろいろな人間がいるわけで、それぞれが信じた道を歩めばいいのでしょうが、大事なことは分かりあえる点があるということです。それは人間の弱さを認め合うことでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑