千葉の寺で“墓荒らし” 周辺の霊園でも被害多数

千葉の寺で“墓荒らし” 周辺の霊園でも被害多数
2014年5月23日 テレビ朝日系(ANN)

 200以上の墓が荒らされました。

 先月下旬、千葉県柏市の「法林寺」で、約60の墓の納骨室のふたや香炉がずれているのが見つかりました。法林寺によりますと、石で出来たふたの重さは50kgほどあり、中に置かれている骨つぼが倒れているものもあったということです。

 被害に遭った男性:「ずらしたままのふたなんですよ。開けたなということは歴然と分かった。墓まで掘り起こすなよと…」

20140524.jpg

 警察などによりますと、周辺の少なくとも3カ所の霊園で合わせて約180の墓が同様の被害に遭っているということです。警察は、金目のものを盗む目的で何者かが物色した可能性もあるとみて警戒しています。


・墓荒らしが横行するらしいが、こうした記事は余り見たことがない。

副葬したものを狙ったようだが被害は確認されていないようだ。東日本大震災の時でも、多くの盗難があったようで、盗る人は場所は選ばないのだろう。

それにしても・・・世も末か。


瑞雲山 獎覚院 法林寺
千葉県柏市名戸ヶ谷1046

千葉・柏市で墓荒らし相次ぐ
2014年5月23日 TBS

 先月、千葉県・柏市の墓地で、およそ60基の墓に荒らされた跡が見つかっていたことがわかり、警察が警戒を強めています。

 「前代未聞ですよ。初めて。はっきり言ってバチ当たり」(寺・墓の管理人)

 先月、柏市名戸ヶ谷にある「法林寺」で、墓の納骨室の蓋や香炉が元の位置からずれているのに寺の関係者が気づきました。不審に思った関係者がすべての墓を調べたところ、およそ60基の墓の納骨室の蓋に、空けられた形跡があることがわかりました。関係者によりますと、今のところ、物が盗まれるなどの被害は確認されていませんが、ほとんどの墓で蓋を固定していたセメントが剥がれ落ちていたということです。

 柏市では、他にも2か所の霊園で、少なくとも合わせて80基の墓に荒らされた跡があるということで、警察は、骨と一緒に収められた金目のものを狙って何者かが墓を荒らしている可能性があるとして警戒を強めています。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑