人生いろいろ:パソコン画面に警告表示が・・・

† セキュリティソフトを入れていても安心できない。急に警告表示が出る場合があり焦る。特に高齢者は危険だと勘違いして指示に従ってしまうのだろう。消費生活センターに問い合わせてもパソコンの操作方法を熟知している相談員が対応するわけではなく、相談だけで解決することはないだろう。できればパソコンに詳しい方を見つけておくことが一番良い方法である。

‡ 米国の情報機関の盗聴疑惑が話題だが、高度な技術をもった専門家集団であれば覗き見やのっとりはたやすいと思う。セキュリティソフト会社の幹部すらも、最新状態に保っても危険であることを認識している。それほどの世界であるので、ネットとつながったパソコンには重要な情報を入れないことしか身を守る術はないと心得ている。ただ個人にとって重要な情報がざらにあるわけではない。甘く考えてはいけない。


参考 外部リンク
「アンチウイルスソフトは死んだ」とノートンで有名なシマンテック幹部が告白、半分以上の攻撃を検知できず 
2014年05月07日 GIGAZINE

見守り新鮮情報 第189号    平成26年5月13日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  突然の警告表示はセキュリティソフトの広告かもしれません

検索サイトを見ていたときに、画面の右側にピカピカと光る警告のようなもの
が表示された。そこには、「パソコンにエラーがあるので、無料ソフトをダウ
ンロードするように」と記されていたのでダウンロードすると、次に「修復に
は有料で登録する必要がある」という画面が出た。すぐに画面を閉じたが、パ
ソコンを立ち上げるたびに警告画面が表示される。(60歳代 男性)

<ひとこと助言>
☆パソコン操作中に突然現れる警告表示は、本当の危険やエラー等を知らせる
 ものだけとは限らず、消費者の不安をあおりソフトの購入手続きに誘導する
 「広告」の可能性があります。信頼できる表示かどうかわからない場合には、
 クリックしないようにしましょう。
☆広告等の警告表示が出る原因の一つとして、パソコンのOS(基本ソフト)や
 アプリケーションが最新の状態でない場合に、ウェブサイトを閲覧した際な
 どに、意図せず警告を表示させるプログラムなどが埋め込まれることが考え
 られます。常に最新の状態に保ちましょう。
☆困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑