器物損壊容疑:国名勝庭園・渉成園で落書き 米国籍31歳

器物損壊容疑:国名勝庭園・渉成園で落書き 米国籍31歳
2014年4月27日 毎日新聞

 真宗大谷派の本山・東本願寺の飛び地境内の国名勝庭園「渉成園(しょうせいえん)」(京都市下京区東玉水町)の外壁にスプレーで落書きしたとして、京都府警下京署は27日、米国籍の京都市中京区壬生朱雀町、無職、カーペンター・丸九(まるく)・ブルース容疑者(31)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、27日午前11時25分ごろ、渉成園の北側の外壁に、青色ラッカースプレーを使って長さ約8メートル、幅約5センチの線を落書きした、とされる。「ストレス発散のためだった。どこでもよかった」と容疑を認めているという。同署によると、近くに住む女性(33)が目撃して110番した。この他、同じ外壁の別の3カ所にも同様の落書きが見つかったという。

 渉成園は1641年に江戸幕府三代将軍・徳川家光から東本願寺に寄進された土地に作庭され、「枳殻邸(きこくてい)」とも呼ばれている。

 真宗大谷派総務部は「門徒や市民の皆さんに支えられて維持されている庭園であり、心が痛む」としている。【花澤茂人】


・ネット上では桜の風景が多数アップされている。復元できれば問題はないが、動機もイマイチ分かりにくい。

記事では、青色ラッカーで線を引いたということで、特に何かを書いたり主張したかったわけではない。別のところですれば良かったろうし、何よりも午前11時過ぎに公然とやることではない。


渉成園 東本願寺
http://www.higashihonganji.or.jp/worship/shoseien/

東本願寺 渉成園(枳殻邸庭園) しょうせいえん(きこくてい) 京都市都市緑化協会

東本願寺渉成園の外壁に塗料、米国籍の男を逮捕
2014年4月27日 読売新聞

 国の名勝・東本願寺 渉成園(京都市下京区)の外壁にスプレーで塗料を吹き付けたとして、京都府警下京署は27日、米国籍の無職カーペンター・ 丸九・ブルース容疑者(31)(同市中京区)を器物損壊の疑いで現行犯逮捕した。「ストレス発散でやった」と容疑を認めている。

 発表では、ブルース容疑者は同日午前、渉成園北側の外壁に長さ約8メートルにわたって青色塗料のスプレーを噴射した疑い。近隣住民の110番で駆けつけた同署員が取り押さえた。吹き付けは全4か所で計約30メートルに及び、ブルース容疑者は、いずれも犯行を認めているという。

 渉成園は東本願寺から約200メートル離れた飛び地境内。同寺によると、1657年頃に造成されたが、2度の火災に遭い、現在の庭園は明治時代に再建された。外壁は土や瓦を重ねたもので信長塀と呼ばれる。



20140428 2

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑