介護主夫日記:紙パンツ破裂!

† いつものように洗濯をし終えて蓋を開けると異常に気づいた。何かがオカシイとばかりに洗濯ものを見てみるとヌルヌルとしているのである。そう紙パンツ(リハビリパンツ)を一緒に洗濯してしまったのだ。ご承知の通り、水分を吸収する素材でできており、吸い込むと膨張する。脱水することで膨張した分子が破裂し粉々になってしまったということだ。今回も、無造作に入れられていたものを知らずに洗濯した結果である。責任を追及できないことも一層、疲労感が増した。

‡ すべての洗濯ものに紙片のような状態で付着しておりヌルヌルとする。それを一枚一枚、手で落としてから再度洗濯を繰り返した。これで日干しにすれば乾燥して残った紙片も徐々に取れると思う。そう言えば過去に一回同じことがあったが、随分以前の出来ことだった。文明の利器である紙パンツも正しい使い方をしないと大変なことになる。そのかけらを見ていたら粉雪のようだと感じた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑