国際的な禅僧の系譜

<こちら編集委員室> 国際的な禅僧の系譜
2014/3/4 中日新聞

 兵庫県の新温泉町久斗山の山中に自給自足の坐禅(ざぜん)道場・曹洞宗安泰寺がある。九代目の現住職がドイツ生まれのネルケ無方師だ。もとは京都洛北にあって太平洋戦争中に荒廃した寺を、戦後間もなく再興させたのが、沢木興道老師と内山興正老師の師弟だった。

 沢木老師は、幼くして父母を亡くした。遊郭の裏町で赤貧の暮らしを送った少年は出家、昭和の傑出した禅僧となる。全国の道場を転々とし、「宿無し興道」と呼ばれた。晩年の弟子に弟子丸泰仙老師がいる。欧州の布教で活躍し、海外で名高い禅僧の一人である。

 沢木老師の傍らを歩み続けたのが内山老師で、その孫弟子に藤田一照・曹洞宗国際センター所長や山下良道・鎌倉一法庵住職がいる。学生から安泰寺の雲水となった二人を米国布教に送ったのは、内山老師だった。山下住職は東南アジアやチベットでも仏教を学び、現在、独自の瞑想(めいそう)をアジアや国内で指導している。

 「内山老師は自分の生き方を棚上げせず、終生自己を問題にされ続けた」と山下住職は小さな庵(いおり)で語った。釈尊も自ら苦悩を背負った宗教者だった。自己の“病”を問題にしない仏教は国際性や普遍性を持ちえないと住職は考える。師弟が全人格丸ごとぶつかり合う中で本物は伝承される。

 一法庵の仏壇に内山老師の遺影が安置されていた。折り紙作家でもあった鶴のような老師のお顔はなんとも優しい。(姫野忠)


・内山老師のことを語る人も減っていく。

記事には書かれていないが、彼は早稲田大学西洋哲学科を修了後にキリスト教の学校で哲学を教えていた。聖書に対する知識も十分である。

座禅を中心としているが非常に分かりやすい説明を試みた。師匠の澤木老師の影響をきちんと整理して受容している。こうした子弟の在り方は理想的だ。


内山興正 ファンクラブ!  http://homepage3.nifty.com/junsoyo/uchiyamafc/

山下良道 一法庵  http://www.onedhamma.com/
 鎌倉稲村ヶ崎 一法庵 One Dharma Forum ワンダルマの会

SOTO禅インターナショナル(SZI)  http://soto-zen.net/wiki/wiki.cgi?page=Menu
 曹洞宗国際センター 所長 藤田一照 (ふじた・いっしょう)



「不二いのち」 内山興正

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑