NHKスペシャル 超常現象 科学者たちの挑戦

NHKスペシャル
超常現象 科学者たちの挑戦
2014年3月22日 NHK

心霊現象、生まれ変わり、テレパシー・・・。時に世間を騒がす、いわゆる“超常現象”の正体は何なのか?いま、この命題に最新科学で挑もうという世界的な潮流が巻き起こっている。ムーブメントの背景には、近年の目覚ましい科学の進歩がある。技術の粋を極めた観測装置でデータを集積し、脳科学や物理学、統計学などの最新理論で解析すれば、カラクリを白日の下にさらすことができる。その過程は、まるで手品のトリックが明かされるような、スリルに満ちた知的発見の連続だ。
一方、「生まれ変わり」や「テレパシー」の中には、最先端の科学をもってしても、いまだメカニズムが解明できない謎も残る。科学者たちはその難題にも果敢に挑み、最先端の「量子論」を駆使するなどして、合理的な説明を目指している。先端を極める科学者たちは、「説明不能な超常現象」に新たな科学の発展を予感しているのだ。“超常現象”への挑戦を見つめ、科学の本質に迫る知的エンターテイメント。59分

ナビゲーター:阿部寛(俳優)
語り:小林千恵
ディレクター:梅原勇樹、苅田 章


・今年1月に放送された「ザ・プレミアム 超常現象」シリーズをダイジェストで再編集したもの。かなり構成が違っている。

超常現象に多くの科学者が立ち向かっているわけはない。それぞれが専門分野を持ちながらも片手間に研究しているに過ぎないのが実態だろう。

それぞれの個別のことは、前項のブログに書いたので省略します。気づいたことは、NHK出版から以下のような番組関連本を出版したようです。こちらは番組では取り上げていない取材過程で分かったことも書かれているはずであるから興味があればご覧頂きたい。

なお日本の民放では、これらに関係する番組を特番として放送している。私自身は、もう懲りて見ることは全くない。視聴率を上げるために大げさに番宣するだけで、結局、出演する人たちは言いたいことを言って終わりで、言ったことにも責任を持たない内容で見るに堪えない。どこまでが演出なのかさっぱり分からない番組は見誤る可能性が高い。

こうした番組よりも、例えば安全神話に頼っていた原発の事故原因調査などを丹念に報道した方が、科学的な見方を教えるには最適だろう。科学者や技術者たちは、どのように考えて装置を作り安全を確保しようとしたのか、また事故に際して、どのように考えて行動したのかを知ることの方が実際的に彼らの見方を知ることになる。

超常現象よりも、さらに恐ろしいのは人間の心理・行動の方である。信じるか信じないかとかいうレベルで議論されるよりも、実際に目の前で起きた事件・事故を通して教訓を学ぶことを積み重ねることが、恐らくは超常現象をしっかりと見定めることにつながることだろう。

こうした内容の番組では、科学分野における位置づけをしっかりとさせることが大事なことだろう。科学者が超常現象に興味を持って研究しているとする見方そのものが違っていると感じる。


NHKスペシャル 超常現象―科学者たちの挑戦

519UlP488.jpg

著者
梅原勇樹
1979年大阪府生まれ。2001年NHK入局。現在、大型企画開発センターディレクター
苅田章
1970年岡山県生まれ。93年NHK入局。現在、制作局科学・環境番組部ディレクター

単行本(ソフトカバー): 256ページ
出版社: NHK出版 (2014/3/20)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑