バチカン図書館の手書き文献デジタル化 NTTデータ

バチカン図書館の手書き文献デジタル化 NTTデータ
2014/3/20 日経新聞

 世界最古の図書館の一つであるバチカン図書館(バチカン)は20日、長期保存を目的に2~20世紀に書かれた一点ものの手書き文献をデジタルデータに変換すると発表した。デジタル化した文献はウェブサイトで公開する。一連の事業はNTTデータが受託した。

 バチカン図書館は聖書の写本やダンテの「神曲」の装飾写本など、羊皮紙やパピルスに書かれた一点ものの手書き文書を8万冊所蔵する。文献が経年劣化で読めなくなることが懸念されており、デジタル化で内容を守る。同図書館は4年間で23億円を投じ、3千冊をデジタル化する。将来は8万冊の約4千万ページすべてをデジタル化する計画。

 3千冊のデジタル化をNTTデータが受託し、同日契約した。日本の国立国会図書館でも同じ事業を進めている実績が評価されたもようだ。NTTデータは文書のスキャンやデジタルデータの長期保存、ウェブサイトへの公開などで使う一連の情報システムをバチカン図書館に納入する。


・こうしたデジタルデータへの変換はどんどんと進んでいる。こうした側面がデジタル技術の凄いところで全世界の知がポケットに収まってしまうことも将来は可能となるのだろう。

そこで問われるのはやはり受取り活用する人間側の問題だけになる。「STAP(スタップ)細胞」論文問題では研究者のコピペが話題となった。つまり出所不明の形で他人の言葉を写してしまう行為が博士論文でも平気で行われてしまう。

バチカン図書館の文書は、芸術作品と同様のものだから単に印刷物を複写するのとは訳が違うことになろう。原本の痛みが激しいなかで原本も保存しつつ最良のスキャンをしないといけないわけで日本人の手仕事が評価されるのは分かる気がする。

以下のNHKでは触れていないのが費用のことで、23億円と報道されている。これらが公開されても恩恵を受けるのは研究者くらいかもしれないが、先の日本のキリシタン資料のように歴史の認識が変わることもあるのかもしれない。


digital.vatlib.it  http://digital.vatlib.it/ja/collection


バチカンの文献 日本企業が電子化へ
20104年3月21日 NHK

バチカンの図書館に所蔵されている膨大な数の歴史的な文献を日本の企業が最新のデジタル技術を活用してデータとして資料化することになりました。

これはデータ通信やシステムの構築などを手がけるNTTデータが20日、バチカンで発表しました。
バチカン図書館には15世紀に建設されてから各地から集められた100万冊を超える書物が所蔵されていますが、そのうちおよそ8万冊は2世紀以降に手書きで記録された「マニュスクリプト」と呼ばれる文献です。

これらは当時の法律や科学、神学などを研究するうえで重要な文献で、一部には装飾が施されるなど美術的な価値も高いことからバチカン図書館は文書をデジタル化して保存する日本の技術に着目したということです。

これらの文献のうち、まずおよそ3000冊を対象におよそ23億円をかけ今後4年にわたってデジタル化し、最終的にはおよそ8万冊、4000万ページをデータとして保存するということです。

デジタル化することで長期保存が可能になるだけでなく貴重な文献が広く公開され、利用されることも期待されています。




バチカン図書館における歴史的手書き文献のデジタルアーカイブ事業に参画
2014年3月20日 株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下、NTTデータ)は、バチカン図書館と、同館に所蔵されている2世紀から20世紀に書き残された約8万冊、約4千万ページに及ぶ人類歴史遺産とも言える手書き文献のデジタル化および長期保存を目的とした事業における初期契約を、2014年3月20日に締結し、調印しました。初期契約は、約3,000冊の手書き文献を4年間でデジタル化し、その費用は約23億円となります。将来的には約8万冊全ての手書き文献をデジタル化する大規模プロジェクトとなる見込みです。

NTTデータは、日本の国立国会図書館におけるデジタルアーカイブシステムの構築や、デジタルアーカイブサービス「AMLAD™(アムラッド)」の提供等、デジタルアーカイブ領域における実績・ノウハウを生かし、本事業に参画します。これにより、日々劣化の進む人類史上極めて貴重な多岐分野にわたる歴史的手書き文献を、高精細なデジタルデータとして長期保存し、広く公開することで、学術的・文化的な利用価値を高めると同時に、バチカン図書館はもとより人類の歴史的遺産の継承に貢献できるものと考えています。

背景
バチカン図書館は、世界最古の図書館の一つであり、人類遺産とも言うべき歴史的図書の重要なコレクションを収容する図書館です。1448年にローマ教皇ニコラウス5世により設立されてから今日に至るまで、世界中より数々の貴重文献を収集し、現蔵書数は110万を超えると言われています。

その中には、マニュスクリプト(manuscript)と呼ばれる貴重な一点ものの手書き文献が約8万冊あります。これら手書き文献には、華麗な装飾が施された「装飾写本」と言われる美術的価値の高いものから、当時の歴史、法律、哲学、科学および神学について著された研究的価値の高い貴重な文献が大切に保管されています。

しかしながら、これら手書き文献の中には、15世紀にグーテンベルグによって考案された活版印刷技術の誕生以前に羊皮紙やパピルスに書かれたもの、金銀などによって装飾されたものなど、厳重な保存管理下にありながらも、時間の経過とともに日々劣化が進んでいるものも多く、これらはいずれ解読不可能となることが危惧されています。

こうした中、バチカン図書館より、これらの手書き文献について、日本が持つ優れたデジタルアーカイブ技術により、長期保存をし、後世への永続的な文化の継承を実現したいとの要望を受け、日本の国立国会図書館のデジタルアーカイブシステムの構築、デジタルアーカイブサービス「AMLAD(アムラッド)」の提供等で先進的な実績・ノウハウを有するNTTデータが技術的検証を進めてきました。

そしてこのたび、バチカン図書館と初期契約を締結し、本事業に本格的に参画していくこととなりました。

事業概要
バチカン図書館に所蔵されている2世紀から20世紀にかけて執筆された装飾写本や、聖書の写本など、約8万冊、約4千万ページをデジタル化し、長期保存をします。

NTTデータは、本事業における公式パートナーとして、手書き文献のデジタル化作業から、それらを長期保存し広く公開するためのITシステムの提供まで、事業の主要部分を広く支援する役割をもって参画いたします。特に、ITシステムの提供においては、持続可能性の高い保存フォーマットの適用、検索性を高めるための適切なメタデータの管理、最適な検索アルゴリズムの適用、活用しやすい検索インターフェースの提供など、NTTデータが得意とするデジタルアーカイブ技術を生かし、さらにそれらを追求していくことへ強い期待がもたれています。

アーカイブコンテンツの活用について
本事業でデジタル化した各種文献については、バチカン図書館が提供するWebサイト上で高精細画像データとして公開し、学術、美術、教育分野等における活用促進、貴重な人類遺産の継承に貢献することを目指します。

今後について
NTTデータは、本事業を通じて、国内はもとよりグローバルレベルでのデジタルアーカイブ関連事業のビジネスを促進させていきます。また、これらの貴重な資料のデジタル化および長期保存という活動を通じ、人類の歴史的遺産の継承という文化的側面においても、ITによる貢献を拡大できるよう、精力的に取り組んでいきます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑